顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

シミのレーザー治療方法を紹介

シミ治療といってもその種類はさまざま。シミの種類によって対応できる治療法は異なります。肌トラブルを起こさずに治療を受けるには、自分のシミのタイプや肌質を見てから選択することが大切です。

シミ治療に使われるレーザーと適した症状

シミの治療には一般的にレーザーや光を使います。ここでは治療法を3つ紹介し、それぞれの特徴をまとめてみました。対応可能な種類のシミも掲載しているので、自分に合った治療法を見つけましょう。

レーザートーニング

今までレーザー治療はNGとされていた肝斑の治療にも対応可能なレーザートーニング。レーザーのパワーを弱めて、少しずつ照射していくことによって、肌に刺激を与えずにシミを除去できます。

治療時間は5分~30分程度とあっという間。数回治療を繰り返すことによって、あらゆる種類のシミを除去してくれる治療法です。低刺激であるにも関わらず肌の奥深くまでレーザー光が行き届くため、コラーゲンが発生し、肌そのものを綺麗にしてくれる効果も期待できます。

シミや肝斑に悩んでいる方は、ぜひレーザートーニングをチェックしてみてくださいね。

レーザートーニングでのシミ治療について詳しく見る>>

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルは、広範囲に渡って照射可能です。そのため、一般的なシミ以外にそばかすやくすみといった照射範囲が大きい症状に向いているでしょう。

照射したレーザーがシミの原因となるメラニン色素に届き、熱が発生することによってシミが改善されます。メラニン以外の周辺組織にダメージを与えにくいので、少ない負担で治療が受けられますよ。

他の治療はレーザー照射後にヒリヒリと痛みが発生するケースがありますが、レーザーフェイシャルは特に痛みはありません。ダウンタイムもほとんどなく、照射後でも化粧をして帰宅可能です。

「シミ・そばかすを消したい」「顔全体がくすんでいる」といった肌トラブルを抱えている方はぜひレーザーフェイシャルをチェックしてみてくださいね。

レーザーフェイシャルでのシミ治療について詳しく見る>>

カーボンピーリング(レーザーピーリング)

毛穴に入る程細かいカーボンを気になる部分に塗付。その上から光やレーザーなどを照射してシミや毛穴汚れ、くすみを改善してくれるのがカーボンピーリングです。レーザーが真皮層に存在するメラニン色素に反応することによってシミを改善してくれます。

毛穴に詰まっている汚れをごっそり取り除き、古い角質や老廃物も排除するので、シミ以外の肌トラブルも改善してくれるのが特徴です。治療時間は約15分。痛みやダウンタイムもほとんどありません。

ここでは、カーボンピーリングについて紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

 
ページの先頭へ