顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

シミのレーザー治療を受ける最適な時期っていつ?

シミのないキレイな肌を目指すための対策法として、治療を行う時期や日焼け止めの扱い方などを紹介します。

シミ治療を受けるのに適した季節は?

シミができてしまうと「一刻も早く解消したい!」と思ってしまいますよね。見つけ次第すぐにシミ治療を受けに行こうと計画を立てる方もいることでしょう。でもその前に、「シミ治療を受けるべき季節なのか」を確認しなければなりません。

シミ治療を受けるのに適した季節は秋から冬にかけての時期といわれています。日本の四季の中で比較的紫外線が少なく、ダウンタイムの期間にも負担がかかりにくいといわれているからです。このことから夏にレーザー治療を行わないクリニックもあります。

夏にシミ治療を受けないほうが良い理由

もちろん夏にもシミ治療ができるレーザーマシンを稼働しているクリニックはあります。それにも関わらず、夏に受けないほうが良い理由は、レーザー治療を受けた後のケアが非常に重要になってくるからです。

シミ治療はレーザーを受けるだけで終わりではありません。アフターケアとして、紫外線対策をどれくらい厳重にできるかが大切。レーザーを受けた肌は日の光などの刺激によって色素沈着が濃くなってしまう可能性があります。

一度レーザー治療を行ったからといって、すぐにシミがなくなるわけではありません。レーザー治療は回数を重ねて少しずつシミを薄くしていくため、シミのないキレイな肌になるにはどうしても時間がかかってしまうのです。

正しいケアを行うことで、治療効果を高めることもできます。いたずらにシミを濃くしたり、色素沈着を残したりしないためにも、治療後の敏感な肌にはいつも以上のケアが必要です。

しかし、夏は日差しが強く、少し日光に当たるだけでも日焼けしやすい状態になっています。かつて夏にレーザー治療を受けた方で紫外線対策を十分に行っていなかったため、シミがぶり返してしまったというケースも。

たとえ冬であっても、紫外線を防止するために日焼け止めなどをきちんと行うようにという指示が医師から出ます。

また、クリニックによっては夏場のシミのレーザー治療を断っているところもあります。ですので、季節による日差しの問題はとても重要なものと考えて良いでしょう。

日焼け止めで紫外線対策

外出時は日焼け止めを塗る

紫外線を肌に浴びないようにするために、日焼け止めを塗りましょう。そこで注意が必要なのが、日焼け止めの種類です。日焼け止めには散乱剤配合の日焼け止めと吸収剤配合の日焼け止めの2種類があります。

散乱剤配合の日焼け止めの特徴

散乱剤は、肌に塗ると紫外線を反射・散乱させて肌を日焼けから守ります。酸化チタン・酸化亜鉛が主な成分です。肌に塗ると白っぽくなるため見た目は重たい印象を受けがちですが、肌にかかる負担はそれほど重くありません。

酸化亜鉛は炎症を抑える効果も発揮するので、日焼けをしたあとのほてりにも効果が期待できます。肌が弱い方や敏感肌の方でも散乱剤配合のものであれば使える方が多いようです。

吸収剤配合の日焼け止めの特徴

肌に塗ることで紫外線を吸収するのが吸収剤の特徴です。紫外線を熱に変換させることで肌を守ります。ただし、紫外線を熱に変換する化学反応を肌の上で起こしていることになるので、肌への負担は散乱剤に比べて重くなりがちです。

また、油分が含まれているので、酸化した日焼け止めで炎症を起こす場合があります。敏感肌や肌の弱い方は避けたほうが無難です。

日焼け止めに表示されている記号に注目

販売されている日焼け止めには、「SPF」「PA」という記号がよく表示されています。SPFは「紫外線防御指数」のことで、UVBと呼ばれる紫外線のB波をカットする能力を指数で表したものです。

SPFという記号に数字がついていると、肌をどれくらいの時間守ってくれるのかが分かります。SPF1つにつき20分ほどが目安なので「SPF3」となっていれば20分×3で60分。1時間は日焼けしにくい状態にしてくれるという計算になります。

PAはUVAと呼ばれる紫外線A波をカットする能力を指数化した日本独自の基準です。紫外線のほとんどはUVAと言われています。日差しに注意するだけでよいUVBとは違い、UVAは曇りの日や屋内でも肌に届いてしまう厄介ものです。PAの効果の基準は「+(プラス)」表記で表されており、プラスの数が多いほど効果があります。

日焼け止めの効果的な使い方

いくらSPFやPAが高いからといっても、使用目的が違ったり肌に合わないものを使ったりすると、紫外線対策になりません。目的に合わせてきちんと使い分けをしましょう。特に炎天下でのスポーツや屋外で行動する場合はSPFもPAも高めのものを使用してください。

レーザー治療を受ける時期の決め方

結婚式までに治したいなど、きれいな肌にしておくべき期限が決まっている場合、どれくらい前から治療をしておくのがいいか調べてみました。

レーザー治療は完治までに長くて半年かかる

照射直後~数時間

シミにレーザーの熱が加わったことにより、照射部位が赤黒くなります。

治療の翌日

熱によるダメージが治まって赤みが引きますが、少しずつかさぶたが発生。この間は軟膏を塗ってガーゼを毎日変えるなどの処置を行いましょう。

3~14日後

肌のターンオーバーが活発な方はかさぶたが剥がれ出します。肌のターンオーバーが活発ではない方も、照射後から2週間ほど経つとかさぶたが剥がれてくるように。剥がれた後は、その箇所にシミが存在していたのか分からなくなるくらいにシミが消えてなくなっています。

14日後~1ヶ月

かさぶたの剥がれた部分がピンク色に。顔の他の部分と色ムラができますが、1ヶ月かけてだんだん他の部分と同じ色味になります。

1ヵ月後~

一過性炎症後色素沈着が起きる場合があります。レーザー照射の影響から一時的に現れるシミで、元あったシミとは違うものです。ほとんどの場合、一過性炎症後色素沈着ができても平均3ヶ月で自然に消えますが、長くて半年かかることもあるので注意が必要です。

一過性炎症後色素沈着を残さないために、かさぶたが付着している間は軟膏やガーゼ・絆創膏で患部を保護するようにしましょう。

かさぶたが取れた後も、引っ掻いたりこすったりしてはいけません。照射してから完治するまで日焼けしないことも重要。日焼けしないよう、紫外線対策は万全に行いましょう。

また、できたシミによって完治する期間が変わってくるので、あらかじめクリニックで医師に相談することが大切です。

 
ページの先頭へ