顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

レーザー治療前の準備・用意

レーザー治療を検討している場合、どのような準備・用意をしておけば良いのかについてご紹介します。

レーザー治療の準備と用意について

顔のシミをレーザーで治療しようと思っているけれど、初めて治療を受けるからどのような準備をすれば良いのかわからない!という方のために詳しくご紹介しましょう。

レーザー治療をするからといって何か特別に何か準備しなければならないわけではありません。顔のシミを治療する場合、入院を伴わないケースがほとんどであるため入院準備なども必要ないでしょう。

ただ、顔の産毛はしっかり剃ってくるようにお願いされることがあります。これは産毛があるとレーザーの効果が弱まってしまう可能性があるためなのでしっかりシェービングしておきたいですね。

自分でシェービングが必要かどうかについてはクリニックによって判断が違います。極力肌に負担をかけないためにクリニック側でシェービングをしてくれるところもあるので、自分で剃っておく必要があるかどうかについてはカウンセリングの際に確認しておきましょう。

顔の産毛をシェービングしておく場合、当日に処理をすると肌が敏感な状態になるため前日に処理するようにお願いするところも多いようです。

肌の状態を整えておこう

すでにクリニックでカウンセリングを受け、レーザー治療が可能と判断されているのであれば問題ありませんが、人によっては肌状態が悪化しているためにそのままではレーザー治療が受けられないケースもあります。

これを防ぐためには、普段から正しいスキンケアを行うなどしてレーザー治療を受けるための用意をしておきましょう。毎日のスキンケアを怠ってしまうと肌の状態が悪化し、レーザーが受けられなくなることもあるので十分に気を付けておきたいですね。

美容成分が入っている美容液などを使い、肌状態を整えるのもおすすめです。また、定期的にパックも行い、肌に潤いを与えましょう。

普段の食生活では栄養素がバランスよく摂れるように心がけるのもおすすめです。ストレスを溜め込んでいたり睡眠不足の日が続くと肌状態が悪化しやすいので気をつけておいてください。

注意しなければならないこととして、「明日はレーザー治療だから…」と意気込んでいつもと違うちょっと良い化粧品を使うことはやめておきましょう。というのも、普段とは違う化粧水などを用意して使うと肌荒れにつながってしまう恐れがあるからです。

肌が荒れている状態ではレーザー治療ができないため日にちをずらさなければなりません。普段使っている化粧水や乳液を使っておいたほうが無難です。

施術当日の準備と用意

レーザー治療の当日は基本的にメイクをしてはいけません。ファンデーションだけでなく、化粧下地や日焼け止め、コンシーラーも使わないようにお願いされるケースがほとんどです。

これは顔に化粧品の成分や油分が残っていたりするとレーザーの効果が弱くなってしまうからなので守りましょう。

ただ、車で直接クリニックに足を運べるのであれば良いかもしれませんが、電車などで行こうと思った場合には「ノーメイクで街を歩くなんて無理…」と思ってしまう方もいるはず。

そういった場合は施術の前にしっかり洗顔をしてメイクも落とせるのであれば良いとしているところもあるので相談してみましょう。ただし、洗顔時に使う洗顔料やタオルなどは持ち込みになるケースがほとんどなので注意しておいてくださいね。

それから、クリニックによっては当日の服装として濃い色のものは避けるように言われることがあります。

レーザー治療のための準備・用意といっても特に難しいことは何もありません。細かい注意点などについてはクリニックの方からしっかりと説明が受けられるので参考にしてみてくださいね。

その他レーザー治療を受ける前に知っておいた方がいいこと

 
ページの先頭へ