顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

フォトフェイシャルとの違い

シミの治療をしたいと思っているのであれば、レーザーのほかにフォトフェイシャルといった選択肢もあります。どちらが自分に向いているのかわからない…といった方のためにそれぞれの特徴やメリット・デメリットについてご紹介しましょう。

レーザーによるシミ治療の特徴

メリット

大きなメリットとして挙げられるのが、気になっているシミに集中して働きかけるということ。肌全体ではなく、シミそのものに直接的に働きかけることができます。これにより高い効果が得られるのが魅力です。

デメリット

レーザーは非常に効果的な方法ではありますが、照射した部分にかさぶたが発生します。数日後にそのかさぶたが取れてキレイな肌になるわけですが、一時的にシミが濃くなるのでこの点が気になる方もいるかもしれません。

また、レーザー光を照射した部位には専用のテープを貼る必要があるのもデメリットです。といっても肌色に近いものを貼ればそれほど気にならないでしょう。

フォトフェイシャルによるシミ治療の特徴

メリット

肌にやさしい光を照射することにより、肌の新陳代謝機能であるターンオーバーを促す治療法です。肌が弱い方でも受けられるほど肌への負担が少ないため、トラブルが発生しやすい方でも検討しやすいでしょう。

フォトフェイシャルの大きなメリットともいえるのが、シミだけでなく様々なトラブルに対して働きかけてくれるということ。これは、単一波長となるレーザーとは違い、広域波長を照射する治療法だからです。シミだけでなく、くすみやそばかす、赤ら顔などの改善も期待できます。

レーザーと違ってかさぶたが発生することはありません。少し皮がむけることはありますが、シールを貼らなければならないような治療ではないのも魅力です。

デメリット

肌全体に対して広く働きかけることはできますが、気になっているシミに一点集中で効果を求めることはできません。もしも、一度でシミに対して高い効果を得ようと思った場合、全体の出力を上げなければならないのです。

これは火傷のリスクを高めることにも繋がってしまいます。どちらかというとフォトフェイシャルは肌全体にゆるやかに働きかけるものだと思っておかなければなりませんね。

何回で効果を実感できるかは人それぞれです。肌への負担が少なく、ゆるやかな作用だからこそ繰り返して行わなければ大きな変化を実感できない方もいます。

中には、何度も施術を受けているもののほとんどシミが薄くなっていない…と感じる方もいるようです。特に範囲が広くて濃いシミに対してフォトフェイシャルだけで十分な効果を得ようと思った場合、期間も長くかかるでしょう。

費用の違いは?

気になる費用の違いについてですが、一般的にレーザー治療では2~3mm程度のシミを3ヶ所消す場合にかかる費用は15,000円ほどとなっています。それに対し、フォトフェイシャルは顔全体に働きかけることができる治療法で1回あたりの相場は20,000~40,000円ほどです。

フォトフェイシャルの方が高いのですが、レーザーとは違ってシミ以外の肌トラブルにも働きかけることができるため結果的にお得だと感じる方も。しかし、レーザーは1回で大きな変化が実感できるのに対し、フォトフェイシャルは繰り返して少しずつシミを薄くする方法です。

確かに様々な悩みに対して働きかけられるフォトフェイシャルの方がお得に感じるかもしれませんが、高い費用がかかったものも思っていたほどの効果が得られなかった…と感じている方もいるようです。

レーザーもフォトフェイシャルも美容目的での治療ということもあり、健康保険は適用になりません。この点については注意しておきましょう。割引制度を導入しているところなどもあるので、信頼できるクリニックで効果的な施術が受けられると良いですね。

シミレーザー治療の費用相場はこちら>>

レーザーでの治療がおすすめ

どちらも肌に特殊な光を当てて治療するという点では同じものなのですが、シミの治療にどちらがおすすめか?というとこれはレーザー治療でしょう。

確かに、フォトフェイシャルは様々な悩みをまとめて解消するのに役立ってくれますが、シミだけに集中して働きかけるものではありません。例えば、レーザーならば一度で処理できたようなシミもフォトフェイシャルでは何回も通わなければならないわけです。

どちらかというとフォトフェイシャルはシミ以外にも気になることがある方に向いている治療法だといえます。そうではなく、気になるシミがあってそれを早急に何とかしたいと思っているのであればレーザーの方が向いているでしょう。

シミ以外に特に悩みがないのであれば、フォトフェイシャルを選択すると損をしてしまう可能性もあります。

これは、フォトフェイシャルの方が劣っているという意味ではありません。あくまで、シミに特化して治療を受けたいと思った場合にはレーザー治療の方がおすすめだということ。

自分の肌の状態をチェックしながらどちらが向いているのか考えてみてくださいね。気になっているシミを何とかしたいというのであればレーザーから検討してみるのがおすすめです。

 
ページの先頭へ