顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

レーザー治療後に注意すべきこと

レーザー治療後に注意すべきこと皮膚科で行うシミ改善のためのレーザー治療は非常に効果的です。しかし、だからこそいくつか注意しておかなければならないポイントがあります。

最も注意すべきなのは紫外線によるダメージ

そもそも、シミができてしまう大きな原因は紫外線にあります。一度レーザーを使ってシミの治療をしたとしてもまた紫外線を浴びてメラニンが蓄積すると再度シミができてしまうので十分に注意しておきましょう。

それだけでなく、レーザー治療後の肌は非常にデリケートな状態になっているため、普段以上に紫外線対策に力を入れていく必要があるのです。肌はもともとバリア機能を兼ね備えていますが、レーザーを浴びた肌は一時的にバリア機能が低下した状態となっています。

この状態で紫外線を浴びると普段以上に強いダメージを受けることになるのです。下手をするとそれほどたくさんの紫外線を浴びたわけではないのに火傷のような状態になることもあります。

シミ治療のためにレーザーを行ったのであれば、季節を問わずに日焼け止めクリームを塗り対策をとりましょう。特に紫外線量の強い時期は日傘をさしたり帽子をかぶるなどの対策も取り入れてみてくださいね。

保水・保湿を行う

肌のバリア機能が低下している状態を改善するにはどうすれば良いのかというと、潤いを与えてあげることが大切です。化粧水を何度も重ね付けし、その水分が蒸発しないように乳液やクリームで閉じ込めましょう。

この時に、普段使っている化粧水を使うと肌にピリピリとした刺激を感じる方もいます。デリケートな状態の肌は刺激を受けやすいので、敏感肌用の化粧水を使うなどの対策を取るのがおすすめです。

特にレーザー治療後、24時間程度は肌がいつもの何倍以上も敏感な状態になっています。この間は小さな刺激も与えないように注意しておきましょう。かゆみを感じたからといってかいてしまうのはもってのほかです。

かさぶたは取らない、触らない

シミのレーザー治療を行って何日か経つとかさぶたができることもあります。目立つという理由で取ってしまう方もいますが、絶対に自分で剥がさないようにしましょう。かさぶたができた場合は自然に剥がれ落ちるのを待つのが基本です。

自然に剥がれ落ちるまでには1週間から2週間程度の期間がかかりますが、気長に待ってくださいね。かさぶたが剥がれ落ちる前の段階ではまだその奥に隠れている肌が完成していません。無理にかさぶたを剥がして成長途中にある肌がむき出しの状態になると紫外線や様々な刺激を受けやすい状態になるので注意が必要です。

医師からの指導を守る

レーザー治療を行う際には医師から様々な指導があります。術後はそれをすべて守るようにしましょう。

術後に特に注意しなければならないのが、レーザー治療後に患部に貼られるガーゼを途中で剥がしてしまう方が多いということ。帰り道、顔にガーゼが貼ってあると恥ずかしい…と勝手に途中で剥がしてしまう方がいるようです。

それから、皮膚科によって期間は異なるものの施術後一定期間はシールや絆創膏を貼るように指導されます。これを面倒に感じて行わなかったり、恥ずかしいと感じて実践しない方もいるのですが、医師からの指導を守らないと肌の状態が大きく悪化してしまう可能性があるので気をつけなければなりません。

そもそも、なぜ絆創膏やシールを貼らなければならないのかというと、レーザーを当てた部分のバリア機能が失われている事が大きく関係しています。肌を守るために必要不可欠なのが絆創膏やシールです。もしこれを貼らなかった場合、肌は刺激を受け放題の状態になり、施術前よりも肌の状態が悪化してしまうこともあります。

アフターケアで不安があったり、何か肌トラブルが起きた場合はすぐに医師に相談しましょう。

シミ消しレーザー治療におすすめ!美容外科口コミ評判ランキング >>

ページの先頭へ