顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

手のシミ

いつの間にか手にシミができていた…と悩んでいませんか?それは加齢や日ごろの生活が原因かもしれません。その症状や治療法を知って、きれいな肌を手に入れてください。

手のシミの種類

こちらでは手のシミやその原因を種類別に紹介しています。手のシミはどのようにできるのでしょうか。当てはまるシミの症状がないかチェックしてみてください。

老人性色素斑

老人性色素斑は、輪郭がはっきりとしていて丸みを帯びた形をしたシミのことを指します。薄茶色をしており、日本人では40歳前後の人の肌に表れやすい症状です。色白の肌の人やアウトドアを好む人は、20代後半から現れる人もいます。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑の主な原因は紫外線です。これまでの生活のなかで浴びてきた紫外線が時間に伴って現れてくるとされています。手はよく使う部分のため、日焼け止めを塗ってもあまり意味がありません。そのため、紫外線の影響をダイレクトに受けやすいといわれています。

老人性色素斑の治療方法

老人性色素斑によるシミの治療には、レーザー照射や光治療が効果的であるといわれています。レーザー照射や光治療はメラニンを作り出している細胞のみを破壊して、老人性色素斑によるシミを薄くしていく治療法です。

老人性色素斑の原因は、紫外線によって活性化されたメラニン細胞によるもの。細胞が活性化されて生成されるのがメラニン色素で、それが老人性色素斑と呼ばれるシミの原因になるのです。そのため、老人性色素斑の治療にはレーザー照射や光治療を用います。メラニンを多く含む細胞以外にレーザーや光が当たらないようになっている機器も多くあるため、きれいな肌を傷つける恐れは低いでしょう。照射された細胞はかさぶたとなってはがれ落ち、シミのない新しい細胞に変わります。

老人性色素斑にならないための予防としては、やはり紫外線対策が一番といえるでしょう。これまで浴びてきた紫外線が蓄積されてきた結果に起きるのが老人性色素斑なので、日ごろから紫外線対策を意識しておくと良いですね。

炎症性色素沈着

肌がケガやヤケドで傷ついてしまったときに皮膚が炎症を起こした結果、のちにシミになってしまったものが炎症性色素沈着です。皮膚のかぶれやニキビ、アトピーなどで炎症性色素沈着ができることもあります。炎症性色素沈着は「一時性」か「慢性」かにわかれる症状です。一時性はケガやヤケドによるもので、慢性はかぶれやニキビなどによるものにわけられます。

炎症性色素沈着の原因

炎症性という名の通り、炎症や外傷が原因で起こります。皮膚は外部から強い刺激を受けると炎症を起こし、表皮のメラニン細胞が活性化。それにより通常よりも多くのメラニンが作られるため、色素沈着を起こします。

炎症性色素沈着の治療方法

一時性の場合は、ケガやヤケドが完治した際に皮膚も生まれ変わっていくので、放置していても徐々に消えていくでしょう。しかし慢性の場合は肌が何度も刺激を受けているため、かぶれやニキビなどが改善してもシミのまま消えないことが多くあります。炎症性色素沈着によるシミが消えない場合は、クリニックなどでレーザー照射を受けましょう。受けるかどうかを図るタイミングとしては、ケガやヤケド、かぶれやニキビが完治、または改善してから半年以上経過した頃。そのときにまだシミが残っている場合は、治療を始めたほうが良いとされています。

レーザー照射を行わない場合は、肌が再生するサイクルを早める方法を取ってみてください。炎症性色素沈着によってできたシミの元はメラニンなので、肌の再生を早めることでメラニンを押し出し、徐々に薄くしていきます。ビタミンCを多く含む食品や、再生の働きをサポートするL-システインが含まれている食品が効果的です。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は30~40代で皮膚に現れる、皮膚の良性腫瘍のことです。老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)、老人性イボとも呼ばれています。色は褐色か黒色が多く、大きさは直径数mmから3cmほどのものがほとんどです。顔面や頭部、手の甲などの日光に露出する部分によく現れますが、わき腹や腹部、太ももにも出ることがあります。手のひらや足の裏にはできません。

脂漏性角化症の原因

長い年月をかけて紫外線を受け続けた皮膚の表皮基底細胞の遺伝子に異常が起こることによって、脂漏性角化症になります。表皮基底細胞は皮膚の表面に近い層の細胞のこと。この細胞の遺伝子に異常が起こると色素細胞を刺激して大量のメラニンを作らせるため、濃い色のシミとなっていくのです。盛り上がりのない平たいシミは老人性色素斑で、盛り上がったシミが脂漏性角化症と呼ばれます。

脂漏性角化症の治療方法

脂漏性角化症の治療にはレーザー治療・炭酸ガスレーザー・液体窒素などの方法が用いられます。

レーザー治療

レーザー治療は、脂漏性角化症の隆起が軽度のものであれば対応できます。色素のある部分を完全に除去し、治療後も傷が残りません。脂漏性角化症の疑いがあるものができたと思ったときに治療をしてもらうと良いでしょう。ただし、かなり厚みが出ているものに関しては、遺伝子の異常を起こしている細胞まで取り除く必要があるので、レーザーでは治療が難しくなります。

炭酸ガスレーザー

炭酸ガスレーザーは、脂漏性角化症を起こしている部分の水分を蒸発させて切除する方法です。隆起の程度に関係なく除去することができます。治療後に色素沈着がありますが、数ヶ月ほどで回復可能です。

液体窒素

液体窒素による治療はほとんどのクリニックで行われています。脂漏性角化症を起こしている部分を液体窒素で冷凍凝固し、異常を起こしている表皮基底細胞を破壊して除去する方法です。治療が終わった部位には色素沈着が残りますが、半年から2年ほどで薄くなります。

ほとんどの治療で共通しているのが表皮基底細胞の除去です。しかしこれらの治療の場合、十分に除去されていないと再発する恐れがあるため、完璧な除去ができるクリニックで行うようにしましょう。

手は年齢の出る場所

手は体のなかで年齢が出やすいパーツ

手には年齢が出やすいといわれています。顔にも年齢が出ますが、手は顔よりも10年老化が早く進むといわれている体のパーツです。

その理由が皮膚の真皮層の薄さにあります。そのうえ、服などに覆われず毎日酷使されるので、皮膚の老化が早まるのもうなずけますね。

手の老化は20代の後半から30代の前半にかけて進行しやすく、顔との差がはっきり出てきます。顔が年相応でも手が実年齢より上に見られる人も少なくありません。

紫外線はメラニンを生成してシミやイボを生み出すだけでなく、肌自体の新陳代謝を遅らせてしまう原因に。これにより皮膚の老化が早まって血管が浮き出てきます。

手の乾燥も大敵です。乾燥によって肌の表面が荒くなると水分が蒸発して更なる乾燥を招いてしまい、肌の老化が進んでしまいます。

血管も老けて見える原因の一つ

血管も手が老けて見える原因になります。手の血管が浮き出て見える状態のことを「老け手」や「ハンドベイン」というのだそうです。この状態が気になる女性の方は多いのではないでしょうか。

血管が見える理由の一つが加齢です。肌の内側に含まれているコラーゲンやエラスチンが減少することで肌に弾力がなくなり、ただでさえ薄い手の皮膚がさらに薄くなって血管を浮き出させてしまいます。

血管自体の老化も手の甲の表面に出てくる原因です。加齢とともに血管の壁が太くなり、手の表面に浮き出やすくなります。また、老化によって血管の柔軟性が衰えると血液を流す力がなくなってくるので、血液が滞りやすい状態に。これも血管が浮き出る原因になるそうです。

加齢による体の老化は避けられないことではありますが、目に見える体の老化はできるだけ見せたくないものですよね。そのためにも原因となるものに気をつけてケアをしなければなりません。

ハンドケアで老化防止

手の老化を抑えて若い手でいられるようにするためには、日ごろのハンドケアが不可欠です。

手のスキンケアを欠かさない

手も顔と同じようにスキンケアを欠かさないようにしましょう。顔をケアするときは化粧水・美容液・乳液・クリームとさまざまな化粧品でケアするはずです。その際に手も一緒にケアしてしまいましょう。そうすると手間がかからずに済みます。

紫外線対策はしっかりと

紫外線は老化の一番の大敵です。しかし、顔や腕などの対策はしても手の甲まで気を配る人は少ないはず。日焼け止めは手の甲までしっかりと塗るように心がけましょう。アームカバーを使用する際は、手の甲までカバーできるものを選んでください。

手の乾燥に気を付ける

手は水にさらされることが多いので常に乾燥しがちです。紫外線同様に乾燥対策もしっかり行いましょう。手を洗ったあとや水仕事を行ったあとは、タオルやハンカチで水分をしっかり拭き取ってください。水分が残っていると、蒸発する際にもともと手にあった水分さえも奪ってしまい、乾燥を招いてしまいます。水滴は手に残さないようにしてください。水分を拭き取ったあとはハンドクリームを忘れずに。

体のなかからのケアも必要

手のケアは皮膚だけではなく、体のなかからも行う必要があります。手の甲の血管は血流が滞ると目立ってしまうので、滞らせないようにしなければなりません。脂分や塩分の多い食事は血流を滞らせるので、摂りすぎないようにしましょう。体を冷やさないように適度な運動をすることも大事です。

まとめ

ハンドケアは日常生活のなかでちょっとだけ気をつけるだけでできる簡単なものばかりです。少し気をつけるだけでも手の老化を防ぐことができるので、ぜひ生活のなかに取り入れてみてください。

 
ページの先頭へ