顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

おでこのシミ

おでこにできるシミの種類と治療法

おでこを見る女性

おでこにできやすいシミとして挙げられるのは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑の3つです。それぞれのシミの原因や特徴・治療法を解説します

老人性色素斑

老人性色素斑とは、紫外線や老化によってできるシミのことを指します。

紫外線ダメージが肌に蓄積したり、加齢の影響でターンオーバーが遅れてしまうと肌にメラニンが溜まっていきます。その溜まったメラニンが、老人性色素斑となるのです。

おでこは、意外と紫外線ケアがおろそかになりがちなポイント。「前髪を下ろしているから、髪が紫外線を遮ってくれるから大丈夫」なんてことはありません。

むしろ、そのような油断で日焼け止めをきちんとつけなかったり、つけていても無意識に額をぬぐったりすることで日焼け止めが落ちたりして、紫外線の影響を受けやすい要素を持っているのです

老人性色素斑の特徴は、シミがおおむね丸っぽく、シミの境界が明確であること。このタイプのシミの治療は、メラニン色素だけを破壊することができるレーザー治療が、もっとも効果が期待できる治療であると言えます。

炎症性色素沈着

ニキビ・虫刺され・火傷などといった肌への刺激で炎症を起こし、メラノサイトが活性化してできたシミのことを炎症性色素沈着と言います。

炎症性色素沈着は刺激を与えずに長い年月を待てば、自然と消えることもあります。ですが実際は、炎症性色素沈着のシミが消える前に再び刺激を与えてしまうという人が多く、特におでこは「前髪を払う」「汗をぬぐう」「考え事をしておでこに手をやる」など、気を付けていたつもりでも無意識に触ってしまうケースが多いようです。

炎症性色素沈着は、「肌表面に残ったダメージがシミとなった」という状態でもあるので、あまりに強いレーザーで治療するようなことはおすすめできません。低刺激レーザーであるレーザートーニングの使用や、レーザーを使わず外用薬や内服薬を使った治療が適していると言えます。

肝斑

女性ホルモンのバランスの乱れが主原因となって発生する肝斑は、頬やこめかみ付近にできるシミだと思われがちですが、実はおでこにも発生します。

おでこにできる肝斑のおもなタイプは、「左右に分かれて、左右ほぼ対称のシミができる」というものと、「おでこの中央に、横長のシミができる」というものです。どちらも、シミの境界がぼんやりしているという特徴を持っています。

肝斑はホルモンバランスの乱れが第一原因なので、治療のためには、ホルモンバランスを整える生活習慣や、肝斑対策用のサプリや飲み薬の利用がおすすめです。それでも効果が足りない場合は、イオン導入や低刺激のレーザートーニングなどが、治療の選択肢として挙げられます。

 
ページの先頭へ