顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

足のシミ

足にできるシミとはどのようなものがあるのでしょうか?種類別に原因や治療法を紹介しているので、足のシミで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

炎症性色素沈着

足のシミの多くは炎症性色素沈着です。他の部位に比べて日に当たる時間が少ないため日焼けなどによるシミはあまり多くありません。

その代わり外傷などによるシミが他の部位より多くなる傾向があります。

炎症性色素沈着の原因

足にできる炎症性色素沈着の原因は主に虫刺され・ヤケド・ケガ・かぶれといった外傷です。多くのシミの原因は紫外線ですが、炎症性色素沈着は外からの刺激や炎症によって傷つけられた際にメラニンが生成されてシミになります。

一時性の炎症性色素沈着

炎症性色素沈着の原因は「一時性」と「慢性」にわかれます。

炎症性色素沈着で一時性と呼ばれるのは、ヤケドやケガが完治した際に傷が完治してもシミになって残っているもの。傷がついた際に突発的に肌に炎症が起こり、その場所がシミになります。一時性のシミは自然治癒で消えるものがほとんどです。

慢性の炎症性色素沈着

慢性にあたるのはニキビやかぶれなどです。アトピー性皮膚炎の跡のシミも慢性にあたります。肌にできた「できもの」がシミになったものが慢性にあたると考えると良いかもしれません。

足や顔などにできたかぶれやアトピー性皮膚炎をかいてしまうと炎症性色素沈着が起きやすくなります。

炎症性色素沈着の治療法

治療に入る前に、炎症性色素沈着が一時性か慢性かを見極めなくてはなりません。どちらが原因でできたものかによって治療法が変わってきます。

一時性の原因でシミができてしまった場合は、自然治癒で治る場合がほとんど。肌が再生するにつれて徐々に薄くなっていきます。薄くなるのが遅いと感じる場合は、肌の再生を促す成分が含まれたスキンケア用品を使ってみてください。

慢性の原因の場合は炎症が収まってもシミが残る場合があり、自然治癒では治りにくいことも。その際にはレーザー治療やケミカルピーリングなどが効果的です。レーザー治療はシミになった部分にレーザーを照射して、シミの元であるメラニンを破壊する治療法のこと。ケミカルピーリングは皮膚に薬剤を塗って表皮の古い角質を取り除き、肌を再生させる治療法です。どちらもキレイな肌に生まれ変わらせてシミを薄くする効果があります。

クリニックによってはレーザー治療といった機器を使用せずに美白剤を処方するところもあるようです。原因は違ってもメラニンが元になったシミなので、治療薬でもシミを薄くすることができるというわけですね。主に処方されているのはハイドロキノンとトレチノインという外用薬です。ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制する働きがあります。トレチノインは肌の再生を促す効果のある外用薬です。ハイドロキノンは市販の薬にも配合されていますが、効果はクリニックで処方されるものよりも効果が薄いといわれています。短期間でシミを薄くしたい場合は、市販薬よりもクリニックで処方された薬のほうを選びましょう。

その他の種類

足のシミとして傷などが原因でできる炎症性色素沈着が多いですがですが、ほかにもシミの原因となる症状があります。

老人性色素斑

老人性色素斑とは、足や顔など体のあらゆる部分に出るシミのことです。主に30~40代の方に出てきます。元の皮膚との境目がはっきりしているのが特徴です。大きさや形はさまざまで、米粒ほどの大きさから5cmほどの大きさになるものまであります。

老人性色素斑の原因

肌が長い間紫外線にさらされると、皮膚のなかにあるメラニン細胞が活性化し、メラニンという物質を過剰に作り出します。老人性色素斑のシミは紫外線に当たってすぐにはシミはできません。紫外線に当たってから5~20年ほどかけて徐々にシミが作られていきます。

老人性色素斑の治療法

老人性色素斑の治療にはレーザー治療・光治療・薬剤治療が効果的です。

レーザー治療では短時間で発生させた強力なエネルギーを、メラニンを生成している細胞にのみ照射。正常な細胞を傷つけることなくシミの元を破壊することが可能です。レーザーで破壊された部分は徐々に正常な細胞が再生し、シミのない正常な皮膚に戻っていきます。

光治療は肌に強い光を瞬間的に当てる治療法です。ピンポイントで照射するレーザーとは違い、強い光を肌全体に当てます。範囲の広いシミがあった場合に効果的な治療法です。かさぶたも目立つものはほとんどできません。

薬剤による治療で使用される薬は、ハイドロキノンとトレチノインという薬です。ハイドロキノンはメラニンの生成を抑制し、新たにシミを作らせないようにする働きがあります。

トレチノインは肌の再生を促進する力の強い薬です。ハイドロキノンとトレチノインの二つの働きで、メラニンの生成を抑えつつ肌の再生を促すことで、シミのない肌を目指します。

摩擦黒皮症とは?

摩擦黒皮症とは、繰り返される摩擦によって皮膚がシミのように黒ずんでしまう症状のことです。元の肌との境は不明瞭で、形はぼんやりとしています。色は褐色や黒褐色になることが多いシミです。足やお腹など、衣服と触れ合う部位に多くできます。

摩擦黒皮症の原因

摩擦黒皮症という名前の通り、肌が摩擦されることで発症するシミです。皮膚が繰り返し摩擦を受けると、メラニンが生成されて黒ずみに変わっていきます。シミといえば紫外線のイメージが強いですが、このような肌の刺激でもメラニンが生成されてしまうのです。

摩擦黒皮症の治療法

まずは生活のなかで肌に触れるものを見渡してみましょう。ナイロンタオルやサイズが小さい下着は症状を起こしやすくします。お風呂に入るとき、ナイロンタオルで体を強くこすってしまう方はやわらかい素材のタオルに変えて、優しく洗うようにしましょう。サイズが小さい下着も身につけているうちに摩擦を起こしてシミを作る可能性があるので、自分の体に合った下着を身につけるようにしてください。

摩擦黒皮症は肌を刺激しないようにすれば徐々に治っていく可能性の高い症状ですが、なかにはメラニンが奥深く入り込んでしまったためにシミが消えない場合があります。その際にはレーザーや薬などを使って治しましょう。

レーザー治療ではメラニンを吸収しやすいレーザーを使います。メラニンを生成している細胞だけを照射するので、ほかの細胞が傷つく恐れはほとんどありません。

薬による治療では、ハイドロキノンと呼ばれる外用薬が主に使用されています。ハイドロキノンはメラニンの生成を抑え、新しいシミを作らせないことが特徴です。レーザー治療と薬による治療を同時に行って治療を行う場合もあります。

脂漏性角化症

脂漏性角化症は、別名老人性イボと呼ばれています。30~40代にかけて発症し始め、加齢とともに増えていくのが特徴です。足や手、腕など、体のどこにでもできます。褐色や黒色をしていて、大きさは数mm単位のものから3cmほどまで大きくなるものもあるようです。平坦ではなく、やや盛り上がった形をしています。

脂漏性角化症の原因

長い間紫外線を浴び続けることでできるといわれています。紫外線により皮膚の細胞遺伝子に異常が起こり、脂漏性角化症になるのです。異常が起こった細胞は増殖を始め、皮膚の表面から盛り上がるようになります。一般的なシミは、細胞に異常が起きても盛り上がらない状態のもの。これが盛り上がった状態になると脂漏性角化症と呼ばれます。

脂漏性角化症の治療法

脂漏性角化症には炭酸ガスレーザー・レーザー治療・光治療が効果的です。

炭酸ガスレーザーは盛り上がりの程度に関係なく脂漏性角化症を除去することができます。炭酸ガスを照射して脂漏性角化症が起きている部分の水分を除去して破壊する仕組みです。これによりほとんどの脂漏性角化症を取り除くことができます。

レーザー治療は、比較的イボの盛り上がりが低いものに効果的な治療法です。メラニンを生成している部分だけを照射して治療するため、治療後の傷がほとんど残りません。ただし、厚みのある脂漏性角化症の場合は細胞が残ってしまい、再発してしまう恐れがあります。

光治療は広範囲にわたって光を照射し、メラニンが反応する部分の細胞だけを破壊する治療法です。広範囲のシミやわずかに盛り上がった程度の脂漏性角化症であれば治療できますが、ピンポイントで照射できるレーザー類とは違ってパワーが弱いので、盛り上がりが厚いものに関しては再発する恐れがあります。

脂漏性角化症は早ければ30代から出始めるもので、時間が経つにつれて固く盛り上がってくるのが特徴です。見つけたときにすぐ治療を行えば再発する可能性が低い状態で取り除くことができるでしょう。

 
ページの先頭へ