顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

レーザー治療前に知りたいシミの種類【部位別】

シミ

身体の部位別に、できやすいシミの種類や特徴について調べてみました。

レーザーをはじめとする治療方法についても紹介しています。

顔にできやすいシミ

服で隠すのが難しい部位だからこそ、ちょっとのシミでも気になるもの。

一口にシミといっても、さまざまな種類があります。シミを消すにはレーザーが効果的だと思われがちですが、実はレーザー治療をやると逆効果になってしまうシミもあるんです。

顔にできるシミは主にこちらの5種類。

  • 老人性色素斑
  • そばかす
  • 肝斑
  • 炎症性色素沈着
  • 母斑

こちらでは、顔にできるシミについて詳しくご紹介しています。

>>顔にできるシミについて詳しくはこちら

唇にできやすいシミ

日焼け対策をしていない方が多いであろう唇。皮膚が薄く、デリケートな唇は紫外線の影響を受けやすいパーツです。紫外線や化粧品などによって刺激を受けると、肌内部で炎症を起こしシミが発症してしまうこともあります。

唇にできやすいシミはこちらの2種類。

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着

こちらでは、唇にできるシミについて詳しくご紹介しているのでぜひチェックしてみてください。

>>唇にできるシミについて詳しくはこちら

手にできやすいシミ

手は年齢の衰えが現れやすいパーツだと言われています。皮膚の真皮層が薄いうえ毎日酷使されるので、他の部位よりも老化が早いのです。

手にできやすいシミは主に3種類。

  • 老人性色素斑
  • 炎症性色素沈着
  • 脂漏性角化症

そんな手のシミを治療したいのであれば、レーザー治療がおすすめ。

こちらでは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、脂漏性角化症など手にできやすいシミについて調べてみました。手にシミができる原因や治療方法について詳しくまとめています。

さらに、若々しい手を保つためのハンドケアの方法もご紹介。ハリのある手を保つためにも、ぜひ生活に取り入れてみてください。

>>手にできるシミについて詳しくはこちら

背中にできやすいシミ

顔や手とは違って、背中のシミにはなかなか気づきにくいものです。一体どうして背中にシミができるのでしょうか?実は、背中は紫外線を多く浴びるうえに日焼け対策をしにくいパーツなので、メラニンの過剰生成や炎症によるシミができやすいのです。

背中にできやすいシミはこちらの3種類。

  • 炎症性色素沈着
  • 花弁状色素斑
  • 老人性色素斑

背中は自分では手が届かないのでどうしてもケアが行き届きません。しっかりとクリニックでケアしてもらいましょう。

>>背中にできるシミについて詳しくはこちら

お腹にできやすいシミ

普段は服の下に隠れていて見えない「お腹」にも、シミができることがあります。隠れているとはいえ、シミがあると気になってしまうものですよね。

シミは紫外線を浴びすぎることでできるものが多いですが、お腹にできるシミの原因はさまざまです。ニキビや摩擦、あるいはカビのせいで色素が沈着してしまうこともあります。

こちらではお腹にできるシミを種類ごとに紹介しています。

>>お腹にできるシミについて詳しくはこちら

足にできやすいシミ

いつの間にか足に現れるシミは、ニキビや虫刺され、ひっかき傷などの外傷が原因で起こる「炎症性色素沈着」のケースが多いようです。

自然治癒するシミですが、だからといって油断は禁物です。足は紫外線による脂漏性角化症や、摩擦による摩擦黒皮症など治りにくいシミもできやすい部位。

これらのシミはレーザー治療や外用薬で治療する必要があります。そんな足のシミの治療法に関して種類別に紹介しています。

>>足にできるシミについて詳しくはこちら

目元にできやすいシミ

「相手の目を見て話す」と教わるように、目元は、人のコミュニケーションで、特に他人から見られる部位であると言えます。ですから、目元のシミをケアすることは、非常に大切です。

目元にできるシミにもいろいろな種類がありますが、そのほとんどは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、目の下のクマのいずれかに該当すると言えます。ここでは、代表的な3種類の目元のシミについて、原因や特徴・治療法などを紹介していきます。

>>目元にできるシミについて詳しくはこちら

頬にできやすいシミ

頬は顔の中でも大きな面積を占めており、シミができると、他の箇所よりも目立ってしまいます。だからこそ、できるだけ早くシミの正体に気付き、対処することが大切です。

自分の頬にできているシミの状態を判断し、なるべく早く適切に対処できるようにするため、頬にできやすいシミとして挙げられる老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑、そばかすについて、それぞれの特徴や治療法を知っておきましょう。

>>頬にできるシミについて詳しくはこちら

こめかみにできやすいシミ

こめかみは、実はシミができやすい場所なのですが、シミ予防となると一番目立つ頬が中心となるため、こめかみ部分への対策はおろそかになりがちです。

そして、いったんこめかみにシミができてしまうと、目に近い部分だけにかなり目立ってしまいますので、予防対策や治療はしっかりしておきたいところです。 ここでは、こめかみにできやすいシミの種類や、その特徴、対策法や治療法などをご紹介します。

>>こめかみにできるシミについて詳しくはこちら

おでこのシミ

実は、おでこはシミの要注意ポイントでもあります。「おでこのシミ予防・ケア」というのを、意識的にしっかりとやっている人は意外と少なく、だからこそ「気づけばシミができていた」ということも少なくないのです。

おでこにできやすいシミとして挙げられるのは、老人性色素斑、炎症性色素沈着、肝斑の3つ。こちらでは、それぞれの特徴や原因、対策法や治療法についてご紹介します。

>>おでこにできるシミについて詳しくはこちら

鼻のシミ

鼻にできたシミに適切な対処をするためには、まずどのような原因でできたシミなのかを見極めなければなりません。鼻にできるシミの代表例は、老人性色素斑、炎症後色素沈着、そばかすの3種類。

正しい知識を持っていれば、シミの種類はある程度簡単に見分けられます。鼻にできるシミの種類やその特徴、シミができた場合どういった対処をすれば良いのかといった情報をご紹介していますので、ぜひチェックしてみてください。

>>鼻にできるシミについて詳しくはこちら

顎のシミ

実は、顎は意外と皮脂量が多く、ニキビ跡がシミになりやすいポイントです。顔の中でも目立ちやすいTゾーンに比べると、顎のケアは適当にしているという人も多いでしょう。

ただ、自分では見えづらくても、他人からははっきり見えてしまうのが顎のシミです。 顎にできるシミの種類は、主に炎症後色素沈着と肝斑の2種類。シミが深刻化する前に対処できるよう、それぞれの特徴や対処法などの情報をまとめました。

>>顎にできるシミについて詳しくはこちら

首のシミ

首にできやすいシミの種類は、炎症性色素沈着、老人性色素斑、肝斑の3種類です。特に気をつけたいのが、ニキビやアトピー性皮膚炎などの炎症跡にできる色素沈着。炎症がきれいに治まらないと、シミもできやすくなってしまいます。

首は汗が付着しやすく刺激を受けやすい場所なので、いつの間にかシミが悪化している場合も少なくありません。今回は、こうした首のシミの種類や対処法について、解説しています。

>>首にできるシミについて詳しくはこちら

 
ページの先頭へ