顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

YAGレーザー

レーザー治療に大切なのは、治療したいシミや本人の肌質に合った治療を行うこと。

ここで紹介するYAGレーザーは、2種類の波長を使い分けてシミや肌質に合わせた治療を行うことが可能です。

2つの波長を使い分けて治療を行なうYAGレーザー

YAGレーザーは2つの波長を持ち、それぞれを使い分けて治療を行う医療用レーザーです。

他のレーザー治療にはないYAGレーザーならではの効果や、シミを消していくメカニズムなどを解説していきます。

YAGレーザーの特徴

YAG(ヤグ)レーザーは、皮膚表面のメラニン色素を破壊してシミやアザを効率よく除去することのできるレーザー。数あるレーザー治療の中の一種類として広く知られています。

搭載している機器の多くは、長い波長とその半分の短い波長をの2つをあわせ持っています。長い方の波長は、皮膚の真皮層にまで届く1064nm、半波長の方は表皮のメラニン色素をすぐに破壊できる532nmです。この2つの波長を状況に合わせて切り替えながら治療をすることにより、様々なシミやアザに対応します。

出力を弱めて広範囲に光を照射する「レーザートーニング法」も可能なため、通常だとレーザー治療の難しい肝斑の治療もできるのがYAGレーザーの強みと言えます。トーニング治療はリスクも少ないため、安心して治療を受けられると評判を呼んでいます。

YAGレーザーでの治療は、「輪ゴムではじかれたくらい」の痛みが一般的です。ですがシミが広範囲にある場合や、皮膚の奥深くにある場合はその限りではありません。もしも痛みを懸念されるようであれば、医師や施術者と相談して麻酔を使うこともできますよ。

YAGレーザーでの治療が向いているシミ

肝斑

「肝斑(かんぱん)」というのは、女性ホルモンの分泌バランスが乱れることが原因でできるシミのことです。頬骨のラインや目の下などに、左右対称にあらわれるのが特徴。妊娠をしたり経口避妊薬を使ったりする年代の30歳~40歳代の女性に多く見られています。

メラニン色素ではなくホルモンが直接的な原因となる肝斑は、メラニンを除去するレーザー治療とは相性が悪いとされていました。しかし、YAGレーザーを広範囲に照射する「レーザートーニング」は、微弱なレーザーを少しずつ照射することで治療効果が期待できます。

皮膚の深い位置からできたシミ

メラニン色素によって生まれるシミでも、発生する場所によって症状が異なります。例えば、皮膚の表側にある表皮の部分に発生したメラニンであれば、波長の短いレーザー光で破壊することが可能です。ですが、皮膚の奥深くにある真皮層に位置するメラニン色素は、波長の長いレーザー光でないと破壊できません。

YAGレーザーの持つ長い波長は、肌の真皮層にまで届きます。そのため、深い位置にあってなかなか除去できなかったシミも効率的に除去することができるのです。波長の短い他のレーザーで対処しきれなかったシミには、YAGレーザーを試してみるのも有効です。

YAGレーザーのデメリット

レーザートーニング治療で評判のYAGレーザーですが、人によっては向いていなかったり、副作用が出たりといったリスクもあります。

他のレーザーより痛みを感じやすい

レーザートーニング治療は、他のレーザー治療と比べて施術中に痛みを感じることが多いとされています。広範囲にレーザーを照射することにより、弾かれるようなピリピリ・パチパチとした軽い痛みを感じる人もいます。熱を感じる人もいるようです。

もちろん耐えられないほどの痛みが生じることはほとんどありませんが、痛みに抵抗がある人は麻酔の使用を相談してみましょう。

治療直後は腫れや赤身が出やすい

レーザートーニングの治療後には腫れや赤みなどが出ることもあります。数時間も経てば自然と消えるのが通常ですが、治療直後には大切な予定を入れないように注意したいところ。

複数回の治療が必要

広範囲に微弱なレーザーを照射するトーニングは、複数回の治療を重ねることで効果が得られます。即効性が低いのもデメリットといえるでしょう。

治療の回数だけコストもかかりますから、金額や時間を惜しむ人には向いていない治療です。

治療後の経過や注意点、ケアの方法

YAGレーザーの治療後は、どのような過程でシミが消えていくのでしょうか?また、どんなアフターケアが必要かも要チェックです。

シミが消えていく過程

YAGレーザーを使った治療は、主にレーザートーニングによるものです。微弱なYAGレーザーを広範囲に少しずつ照射していくことによって、メラニンが少しずつ減っていきます。

およそ5回~10回ほどの治療によって、シミが消えていきます。1回ですぐにシミが消えることはありませんので、YAGレーザーでシミを治療するなら長期戦を覚悟しておきましょう。

治療からシミが消えるまでの期間

YAGレーザーによるレーザートーニング治療は、およそ1週間に1度が目安です。効果が現れるのは早くて4回、遅くて10回目といったところです。平均して7回目の治療くらいでは大半の人が「シミが消えた」と実感できているそうです。

1週間に1度の治療×5~10回ということで、最初の治療からおよそ5週間~10週間でシミが消えると考えてください。

時間に余裕のない人であれば1週間に1度の治療も難しいかもしれません。そうなると期間はもっと伸びるでしょう。

YAGレーザーのダウンタイム

レーザートーニングであれば、照射するレーザー光も微弱なためダウンタイムは1週間ほどです。他のレーザー治療と比べてもそんなに長くはありませんね。

人によってはレーザー照射後に皮膚の炎症や腫れが長引く場合もあります。治療後に異変を感じたら、医師や施術者としっかり相談しましょう。

必要なアフターケア

レーザー治療の後も、アフターケアをしなければすぐにシミが再発してしまいます。特にYAGレーザーで治療が可能な肝斑は、メンテナンスをしないと再発しやすいため要注意。

最も確実なのは、月に1回メンテナンス照射を受けることです。シミが完全に消えた後もメンテナンスを繰り返していれば、メラニン色素の発生を抑制してそうそうシミが再発することはありません。

また、ハイチオールやトランサミンといった美白内服薬を服用することもおすすめです。身体の内側からメラニンに対して働きかければ、シミの再発リスクを軽減させられます。

もちろん、紫外線対策や保湿などの基本的なスキンケアも大切です。日頃から肌を労わったホームケアを徹底していれば、レーザー治療の効果を長持ちさせられますよ。

 
ページの先頭へ