顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

シミ治療に使われる光治療について徹底解説!

女性 美肌

光治療は、顔に特殊な光を照射することで肌の改善を図る施術です。これまでシミ治療にはレーザーによる施術が一般的でしたが、最近は光治療を選択肢として導入するサロンやクリニックも増えてきています。

ここでは、光治療がシミ治療に効果を出す仕組みや、従来のレーザーとの違いなどを徹底解説します。

光治療では特殊波長の光を照射して肌質の改善を図る

光治療とは、顔にIPL(インテルス・パルス・ライト)と呼ばれる特殊な波長の光を照射することによって肌の真皮層にあるコラーゲンの生成を促進し、肌のターンオーバーを助けることできめの細かい肌へ導く施術です。

照射される光はメラニンにも反応するので、照射を繰り返すたびに新しいメラニンの生成を抑制し、シミを徐々に薄くしていきます。また、肌の赤みにも反応し、炎症による赤みや赤ら顔の改善にも役立ちます。

レーザーと違い肌の細胞を破壊しないのでダメージが少ない

レーザー治療と光治療の大きな違いは、細胞を破壊するか否かという点です。レーザー治療は高出力のレーザーをシミがある部分に照射することでメラニン細胞そのものを破壊し、シミを根本から作れないようにします。

一方、光治療はIPLと呼ばれる特殊な波長の光を顔全体に照射して、新たなコラーゲンの生成を促進させることで肌の状態を改善するのに役立ちます。照射面積が広いので効果はマイルドで、レーザーのように細胞を破壊することもありません。

レーザーは威力が高い上にシミの原因そのものを破壊するので、照射回数も少なく効果の実感も早いです。しかし、治療後に炎症を起こして赤みが出たり、施術を受けたあとのスキンケアを念入りに行う必要があったりと多くの場合肌へのダメージが大きくなります。

光治療はレーザーよりも施術回数は多くなりますが、顔の広範囲に散らばった薄いシミを一度に改善したい場合や、シミだけでなく他の肌トラブルも一緒に改善したいという場合にも役立ちます。レーザーと違いダウンタイムもほとんど必要ないので、施術を受けた後すぐにメイクをすることも可能です。

効果が実感できるのは5回前後から

肌の状態や肌質によって変わってきますが、およそ5回前後から効果を実感する人が多いようです。

特にシミへの効果はレーザーと違い、メラニンを抑制した後に排出することで徐々に薄くなっていくので効果を感じるまでに少し時間がかかることがあります。効果が実感できるようになるまで、継続して施術を受けることが大切です。

 
ページの先頭へ