顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

脂漏性角化症

脂漏性角化症の原因や特徴、主な症状を調べました。炭酸ガスレーザーなど、効果的な治療法などを紹介しています。

脂漏性角化症について

別名「老人イボ」と言われているのが、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)。50代以降になるとできやすくなり、シミというよりはほくろのような見た目をしているのが特徴です。

脂漏性角化症の特徴

肌の老化が主な原因

脂漏性角化症ができる大きな原因は肌の老化にあるため、老化現象の一つとされています。実際に、80歳以上の高齢者は体に一つ以上の脂漏性角化症が発生している確率が高いです。

では、そもそもの大きな原因はどこにあるのかというと、これは紫外線の影響と考えられています。紫外線を浴びた肌ではシミや日焼けの原因ともなるメラニン色素を作って紫外線が肌にダメージを与えるのを防ぐのですが、メラニン色素は時間がたてばターンオーバーによって排出されなければなりません。

ところが、老化などの理由で肌のターンオーバー機能が十分に働かないと新しい肌に生まれ変わることができなくなり、肌に様々なトラブルを引き起こしてしまいます。そのうちの一つが脂漏性角化症です。

一生の中で全く紫外線を浴びずに生活するわけにはいきませんが、紫外線対策を怠っていると若くして脂漏性角化症ができてしまうこともあります。

他のシミとの違いは?

他のシミとの違いは期間がいくら経過したとしても、一度できると自然に消えることがないのが脂漏性角化症と他のシミとの違いです。「色素沈着」や「シミ」というよりは、遺伝的な要因や紫外線によるダメージであらわれる良性腫瘍といった方がいいかもしれません。

年齢とともに大きく濃くなっていく脂漏性角化症は、一見シミやホクロにも似ています。ですが触れると硬く、ザラザラしているのが決定的な違いです。高齢になるにつれて脂漏性角化症のリスクが高まります。老人性角化症は内服薬や外用薬では取り除けないため、手術や凍結療法、レーザー治療などでの治療が一般的です。

脂漏性角化症の治療法

脂漏性角化症の治療には、次のような方法が使われています。

炭酸ガスレーザー

脂漏性角化症の治療方法として最も向いているものです。炭酸ガスレーザーは、炭酸ガスの出力を調整しながら目標物を削り取るものです。調整次第では削り取る範囲や深さを細かく調整できるため、人それぞれに違う脂漏性角化症の除去にも対応できます。

炭酸ガスレーザーで脂漏性角化症を削り取るときは、最初に麻酔を行います。そのため炭酸ガスレーザー自体の痛みに苦しむリスクはありません。

治療後は外用薬などを使いながら、患部を色素沈着のリスクから守ります。

冷凍凝固治療

皮膚科クリニックのほとんどで行えるオーソドックスな治療法です。できてしまった脂漏性角化症を冷凍して凝固させ、表皮細胞を破壊することで除去します。綿棒にマイナス200℃前後の液体窒素を含ませ、それを患部に押し当てることで冷却するのです。こうすることで患部がかさぶたになってはがれます。

麻酔をせずに行うため、多少の痛みが伴います。また、強く冷凍しすぎると瘢痕が残るため施術者の腕にかかっています。保険適応のため安価に済みますが、再発のおそれもあるため要注意です。

Qスイッチレーザー

YAGレーザールビーレーザーなどの種類があるQスイッチレーザーは、色素のある部分に反応してレーザー光を照射させる治療方法のことです。ある程度の破壊力を持っているため、脂漏性角化症の治療も可能です。

ただし、ある程度の厚みや硬さがある脂漏性角化症の治療は難しいようです。削り取る力としては炭酸ガスレーザーに劣ります。再発のリスクもあるため、比較的薄くて小さな脂漏性角化症の治療であれば使える方法です。

電気メス

電気メスは、医療でよく使われている方法です。傷跡を残すことなく患部の表皮を切り取り、焼却していきます。脂漏性角化症を削り取る威力は十分ですが、電気メスは加減を間違えると瘢痕を残してしまうリスクがあります。また、浅く削ると脂漏性角化症が再発するリスクも。

リスクが少ないわけではないので、電気メスによる治療はあまり行われていません。

脂漏性角化症の予防方法

脂漏性角化症の予防方法について見ていきましょう。

紫外線の防止

紫外線はメラニン色素の発生を促し、増やしてしまう存在です。皮膚に紫外線を浴び続けると、メラニン色素が蓄積してシミになり、脂漏性角化症へと変化していきます。

日焼け止めクリームや帽子、日傘などを使って紫外線から皮膚を守り、脂漏性角化症をしっかり予防していきましょう。日差しの強くない日や冬の日でも紫外線対策は徹底してくださいね。

スキンケアを徹底する

肌の洗浄や保湿といったスキンケアは、美しく健康的な肌の状態を保つのに大切なことです。肌の状態が悪くなるとターンオーバーが乱れてしまい、発生したメラニン色素の排出が上手くいかずに脂漏性角化症を招いてしまいます。また、保湿されていない肌はバリア機能が弱くなってしまうため、些細な刺激でメラニン色素が発生しやすくなってしまうのです。

洗顔後にはしっかり保湿を徹底してください。洗顔時にも、肌を擦ったりせずに泡だてた石鹸でやさしく顔の汚れを落とすように気を付けてくださいね。

栄養を行き渡りやすくする

肌の調子は身体の内側の調子をあらわします。栄養がしっかり補給されている身体なら、肌も健康な状態になります。特に肌の調子にかかわるビタミン類は積極的に食事から摂取するようにしましょう。

また、身体をマッサージして血流を促すのも有効的です。血液に乗せて肌に栄養が届きやすくなります。

その他のシミの症状もチェックする

シミ取りレーザー治療クリニックBEST3
 
ページの先頭へ