顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

脂漏性角化症

脂漏性角化症

年を重ねるごとに増える皮膚の良性腫瘍である脂漏性角化症。

脂漏性角化症の症状の特徴や、発症の原因・メカニズムについてリサーチした結果をまとめています。

効果的治療についても解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。

脂漏性角化症ってどんなシミ?

一見シミやホクロに似ている脂漏性角化症。若いうちにはほとんど発症しませんが、加齢とともに増えると言われています。

そんな脂漏性角化症の特徴や症状が現れてしまう原因、メカニズムについて解説。自分の悩みが脂漏性角化症なのかホクロなのかを判断するために、正しい知識をつけましょう。

脂漏性角化症の特徴

別名「老人性イボ」と呼ばれており、その見た目はシミというよりは、イボやほくろのような見た目をしている脂漏性角化症。老化の現象のひとつとされており、50代から増え始めて80歳以上の高齢者には必ず1個以上はあると言われています。

年齢とともに大きく濃くなる脂漏性角化症は他のシミとは異なり、一度できると自然に消えることがありません。

見た目はシミやほくろに似ている脂漏性角化症ですが、触れてみると硬くてザラザラしているという特徴があります。通常はかゆみや痛みはありませんが、まれに痒みを伴うことがあるようです。

脂漏性角化症ができてしまう原因

脂漏性角化症が発症してしまう大きな原因は、紫外線と肌の老化によるものだと考えてられています。

紫外線を浴びた肌はメラニン色素を作ることで、肌を紫外線から守るのですが、このメラニン色素が時間の経過とともに脂漏性角化症に変化。

若い頃は新しい肌に生まれ変わるスピードが早いため、メラニンの脂漏性角化症を防ぐことができます。ですが、年齢を重ねて肌の老化がはじまると角化を早く防げなくなり、脂漏性角化症になりやすくなるのです。

また紫外線や加齢により発症することが多いのですが、遺伝的な要因も関わっていると言われており、20~30代の若い方にもできることがあります。

脂漏性角化症ができるメカニズム

脂漏性角化症ができるメカニズムは、老化に影響により肌のターンオーバーが正常に働かないことによるシミの発生と同じメカニズムです。

紫外線を浴びると、肌の細胞を守るためにメラニンを生成するメラノサイトという細胞が活性化します。しかしメラニンが過剰に作られ、老化によりターンオーバーが正常に働かなくなっていると、メラニンがどんどん蓄積されてしまいます。

このシミが少しずつ盛り上がり、硬くなってくるとそれが脂漏性角化症に発展。これが脂漏性角化症のメカニズムです。

脂漏性角化症に効果的なレーザー治療

老人性角化症は内服薬や外用薬では取り除けないため、レーザーによる治療がポピュラーな方法です。

レーザー治療といってもいくつか種類が存在しているので、代表的なレーザー治療をピックアップし、それぞれの特徴を解説しています。治療を行なう前にぜひ参考にしてみてください。

炭酸ガスレーザー

脂漏性角化症の治療方法にもっとも効果的なのが炭酸ガスレーザーによる治療です。炭酸ガスの出力を調整しながら、患部の脂漏性角化症を削り取ることで治療していきます。

人によって患部の範囲や深さが異なりますが、出力を細かく調整できるため、一人ひとりに合わせた治療が可能です。

炭酸ガスレーザーの治療を行なう前には、局所麻酔をするので、治療中の痛みを感じるリスクがありません。傷跡が残りにくく治療後に外用薬を使うため、色素沈着やダウンタイムが短くて済むというメリットも。

以前は美容皮膚科のクリニック以外ではあまり見かけることがありませんでしたが、患部をキレイに治療できるため一般的な皮膚科にも増えてきています。

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーはメラニン色素に反応するレーザーを照射し、細胞にダメージを与えることで治療する方法です。

一定の効果を発揮してくれますが、初期段階の盛り上がりや固さのない脂漏性角化のみ。すでに盛り上がってしまっている場合には、あまり効果的ではないようです。

効果は炭酸ガスレーザーに劣ってしまいますが、薄くて小さな脂漏性角化症であれば効果的な方法といえます。

レーザー以外の治療方法

レーザー治療以外の治療方法を解説。ここでは冷凍凝固治療と電気メス、IPLについて紹介します。

冷凍凝固治療

冷凍凝固治療

ほとんどの皮膚科クリニックで行なえるオーソドックスな治療方法です。

麺棒にマイナス200度近い液体窒素を含ませ、患部に推し当てることで表皮細胞を破壊して除去。

保険適応なので安く治療できますが、治療後に2年ほど色素沈着が残り、再発のおそれがあるといったデメリットがあります。

電気メス

脂漏性角化症を直接削り取ることで行なう治療方法。電気メスの治療は削りが浅いと脂漏性角化症が再発するおそれがあり、深く削ってしまうと傷跡を残ってしまうリスクがあります。そのため、電気メスによる治療はあまり行われていません。

IPL(光治療)

強い光を脂漏性角化症の黒色のメラニンに当て、細胞を破壊することで治療する方法です。

脂漏性角化症の盛り上がりが小さい場合には効果を発揮しますが、0.5mm以上盛り上がっている場合には効果を発揮しません。また1年位以内に再発することが多いため、効果が不十分な治療方法といえます。

脂漏性角化症の予防方法

脂漏性角化症の予防方法について見ていきましょう。

紫外線の防止

紫外線はメラニン色素の発生を促し、増やしてしまう存在です。皮膚に紫外線を浴び続けると、メラニン色素が蓄積してシミになり、脂漏性角化症へと変化していきます。

日焼け止めクリームや帽子、日傘などを使って紫外線から皮膚を守り、脂漏性角化症をしっかり予防していきましょう。日差しの強くない日や冬の日でも紫外線対策は徹底してくださいね。

スキンケアを徹底する

肌の洗浄や保湿といったスキンケアは、美しく健康的な肌の状態を保つのに大切なことです。肌の状態が悪くなるとターンオーバーが乱れてしまい、発生したメラニン色素の排出が上手くいかずに脂漏性角化症を招いてしまいます。

また、保湿されていない肌はバリア機能が弱くなってしまうため、些細な刺激でメラニン色素が発生しやすくなってしまうのです。

洗顔後にはしっかり保湿を徹底してください。洗顔時にも、肌を擦ったりせずに泡だてた石鹸でやさしく顔の汚れを落とすように気を付けてくださいね。

栄養を行き渡りやすくする

肌の調子は身体の内側の調子をあらわします。栄養がしっかり補給されている身体なら、肌も健康な状態になります。特に肌の調子にかかわるビタミン類は積極的に食事から摂取するようにしましょう。

また、身体をマッサージして血流を促すのも有効的です。血液に乗せて肌に栄養が届きやすくなります。

脂漏性角化症の治療におけるデメリット・副作用

ここでは、脂漏性角化症における各治療方法のデメリットや副作用について紹介します。

炭酸ガスレーザー治療のデメリット・副作用

炭酸ガスレーザーを照射した直後はびらんができるため、1週間を目安に抗生物質配合の軟膏を塗って肌を保護する必要があります。

また、かさぶたがはがれた後、失われた表皮が再生しますが、その際にメラノサイトが活性化して炎症後色素沈着が起こる場合があります。

一般的には特に治療の必要性はないのですが、肌質によっては長く残る可能性があるため、ハイドロキノンやトレチノインなどの外用剤でケアすると良いようです。

一方、長期的には瘢痕形成に注意が必要で、表皮の形成に遅れが見られたり、二次感染を併発した場合、傷跡が残ってしまうケースもあります。

瘢痕が出来た場合はステロイド剤などで治療しますが、初心者はレーザーの出力を低くするなど、できるだけ傷跡が残りにくい治療を行うことがリスクの低減につながります。[注1]

Qスイッチレーザー治療のデメリット・副作用

Qスイッチレーザーを使用すると、炎症後色素沈着を起こす可能性があることが臨床試験によって判明しています。

ある研究において35~65歳の日本人女性25名にQスイッチレーザーを照射したところ、軽度ではあるものの炎症後色素沈着が認められました。[注2]

Qスイッチレーザーはメラニン色素に反応する性質を持っていることから、もともと皮膚の色が濃い人はより色素沈着が起こる可能性が高いことが実験結果より確認されています。

冷凍凝固治療のデメリット・副作用

液体窒素を用いた冷凍凝固治療はスタンダードな治療法のひとつですが、数回の治療が必要であるため、終了まで相応の時間がかかるところがネックです。

また、過度の圧抵を繰り返すと水疱ができたり、周辺の正常組織に色素沈着を起こすことがあるため、施術する際は注意が必要です。

電気メス治療のデメリット・副作用

電気メスは比較的副作用が起こりにくい治療法とされていますが、角化した部分を切除する際、削りが浅いと再発のおそれがあり、逆に深く削りすぎると傷跡を残してしまう可能性があります。

また、電気メスは取り扱いが楽な反面、ちょっとしたことで事故が起こりやすく、特に病院側が誤った使い方をして患者が火傷などを負ったという医療事故が複数報告されているため、信頼できるクリニックを探すことが大切です。[注3]

IPL治療のデメリット・副作用

IPL治療は表皮にある色素性病変への有用性は認められている一方、真皮性の病変や脂漏性角化症をはじめとする隆起性小腫瘍にも効き目がないと言われています。[注4]

IPL治療は守備範囲が広いと思われがちですが、実際には適応外の病変も少なくないので過信は禁物です。

脂漏性角化症治療に定評があるクリニック

クリニック

東京で「脂漏性角化症治療」の治療を行っているクリニックをまとめました。施術法や料金などの気になる情報も掲載しています。

エルテ大塚クリニック

エルテ大塚クリニックの脂漏性角化症治療では、CO2レーザーを使っています。レーザーを肌にあてて、患部の組織を切除。ほくろやイボをとって肌をなめらかにすることが可能です。

CO2レーザーは、クレーター状になったニキビ跡をなめらかにする効果もあるので、気になる方は相談してみましょう。盛り上がっていない平らなほくろは「Qスイッチルビーレーザー」で施術することもあります。

治療名 種類 料金(税込)
CO2レーザー ホクロ1mm大
※1mm増大するごとに3,240円加算
5,400円
イボ(1個)※顔など 2,160円~
イボ(1個)※首 540円
診療時間 10:00〜19:00
※祝日の診療日は16:00まで
休診日 水曜/日曜
所在地 東京都豊島区北大塚2-15-10ジュンエイビル3F
アクセス JR山手線大塚駅北口より徒歩30秒

四谷見附クリニック

四谷見附クリニックでは強力なスキャナーを装備したNIDEK社「COL-1015」を使用し、治療を行っています。肌を最小限の熱で削るので、出血することなく施術が可能。

患部を均一に照射するため、綺麗に皮膚の再生をうながせます。主に、炭酸ガスレーザーの治療を行っていますが、ダウンタイムを短くしたいといった場合はルビーレーザーでの治療も相談できるそうです。

治療名 種類 料金(税込)
炭酸ガスレーザー 直径3mm(面積:7平方mm) 初回治療時:648円
通常価格:1080円
※1ショットの価格
診療時間 月~金10:00~19:00
土曜日13:00~19:00
休診日 水/日/祝日
所在地 東京都新宿区若葉1-10-60 若葉ビル
アクセス JR四ッ谷駅より徒歩1分/東京メトロ四ッ谷駅より徒歩2分

新宿ビューティークリニック

脂漏性角化症の治療は「電気分解レーザー」で行っています。特殊な電気メスを使い、熱で患部の水分を蒸発・蒸散させながら脂漏性角化症を除去。所用時間は10~15分です。

ただし腫れや痛みの感じ方には個人差があるので心配な方は医師に相談してから施術を受けましょう。アフターカウンセリングもあるので、治療後にお悩みを相談できるのが魅力です。

治療名 種類 料金※税不明
電気分解レーザー 1個3mm以内 初回:5,250円
2回目以降:10,500円
診療時間 月~金 10:00~20:00
土日祝 10:00~19:00
休診日 年中無休
所在地 東京都渋谷区代々木2-10-1 新宿サンセイビル6F
アクセス 新宿駅南口より徒歩1分

大塚美容形成外科

大塚美容形成外科の脂漏性角化症治療は「CO2レーザー」を使っています。このレーザーは、細胞の水分に反応し熱エネルギーを発生させ、患部の水分を瞬時に蒸発させます。

少しだけ盛り上がったものや直径5mm以下のほくろの治療に有効です。施術後に赤みがでることもありますが、大体1週間くらいで目立たなくなります。

治療名 種類 料金(税込)
CO2レーザー 1個 10,800円~
※再発した場合2回目の治療は無料
診療時間 10:00~19:00(年末年始は要問合せ)
休診日 年中無休
所在地 大塚本院
東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
アクセス JR山手線大塚駅より徒歩3分

青山エルクリニック

青山エルクリニックは、様々な年齢肌のトラブルに最新の機器を使用し治療を行っています。脂漏性角化症の治療では、「CO2レーザー」を使用。

患部のみダメージを与えられるため、傷跡が残りにくくいのが特徴です。脂漏性角化症治療のことだけではなく、美容医療の観点から軟膏の塗布方法や化粧品などのアドバイスもうけられます。

治療名 種類 料金(税込)
CO2レーザー ほくろレーザー(直径1mm) 3,240円
※冬の特別料金
診療時間 10:00~19:00
※完全予約制
休診日 木・日・夏季・正月
所在地 東京都港区南青山5-10-6 テラアシオス表参道ビル5F
アクセス 東京メトロ表参道駅 B1出口より徒歩5分

KMクリニック

肌にできてしまった脂漏性角化症は、日本製の最新式CO2(炭酸ガス)レーザーを用いて治療します。レーザーの治療は、メスでの手術とは異なり、痛みも少なく施術後のケアが簡単なのが特徴です。

痛みが不安な方は、相談して局部麻酔をすることも可能。大きさによって異なりますが、患部を1つ施術するのに1分しかかかりません。治療後は、塗り薬や遮光テープでケアしてくれます。

治療名 種類 料金(税込)
CO2レーザー 1個 1mmまで:5,800円
2mmまで:8,208円
4mmまで:10,800円
6mmまで:12,960円
8mmまで:15,120円
※麻酔代1080円
診療時間 11:00-19:00
休診日 月・木・年末年始
所在地 東京都新宿区歌舞伎町2-46-5KM新宿ビル8F
アクセス 西武新宿駅徒歩1分

シロノクリニック

シロノクリニックの脂漏性角化症の治療は「炭酸ガスレーザー」で行っています。炭酸ガスレーザーでの治療は、出血が少なく治療時間も短いため、皮膚治療には最適。

麻酔をしてからの施術なので、痛みも感じにくいです。皮膚組織の水分を蒸散させるので、傷跡も残りません。熟練の医師が丁寧に一瞬で治療を行ってくれるので安心して受けられます。

治療名 種類 料金※税不明
ほくろ除去 1個(1ミリまで) 10,000円 (5年保証制)
いぼ 1個(5ミリまで) 5,000円
診療時間 10:30~19:00
休診日 年末年始、祝祭日
所在地 【シロノクリニック恵比寿院】東京都渋谷区広尾1-1-40恵比寿プライムスクエアプラザ2F
アクセス JR恵比寿駅西口より徒歩8分
東京メトロ恵比寿駅「1番出口」より徒歩8分
JR渋谷駅より電車3分→JR恵比寿駅西口より徒歩8分

みずほクリニック

イタリア製の最新式炭酸ガスレーザー「スマートサイド」で治療しています。2~3ヵ月ほど赤みが続くことがありますが、時間が経つと傷跡が綺麗になるそうです。

施術時間はいぼ1つにつき約5分で、痛みについては局所麻酔をしたときにわずかに感じる程度とのこと。通院しなくても良いのもポイントですね。

治療名 種類 料金(税込)
ほくろ・しみ
レーザー除去
1回 5,000円(1つ)
診療時間 平日: 10:00~19:00
※完全予約制
休診日 木・日
所在地 東京都豊島区池袋2-2-1ウイックスビル601
アクセス JR池袋駅西口C6出口直結

マグノリア皮膚科クリニック

マグノリア皮膚科の脂漏性角化症(いぼ)の治療は「炭酸ガスレーザー」で行います。

従来は、液体窒素を使い治療を行っていましたが、患部へ適切な治療ができず跡になってしまうことも。

炭酸ガスレーザーで調節しながら適切に治療を行い、1週間で傷を目立たなくしてくれます。事前に麻酔をするため、痛みを感じにくいのが嬉しいですね。

治療名 種類 料金(税込)
炭酸ガスレーザー治療 1mmまで 5個まで:10,800円
10個まで:16,200円
15個まで:21,600円
20個まで:27,000円
※麻酔料金(3,000円)が別途必要
2mm以上 2mm:3,240円
4mm:5,400円
6mm:10,800円
8mm:21,600円
※麻酔料金(3,000円)+テーピングが別途必要
診療時間 10:00~18:00
休診日 週休2日
※不定休(公式HPでご確認下さい)
所在地 東京都渋谷区渋谷1-8-7 第27SYビル5A
アクセス 渋谷駅より徒歩4分

銀座ケイエススキンクリニック

CO2レーザーで施術を行っています。施術を担当するドクターがカウンセリングを行い、治療プランを決定。

施術時は局所麻酔を使用してから施術を行います。レーザーは、患部を浅く削って治療を行うので、傷の治りが早く、傷跡もほぼ目立ちません。

脂漏性角化症の大きさや部位で若干異なりますが1つにつき10秒~1分で施術が完了します。

治療名 種類 料金※税不明
CO2レーザー手術
脂漏性角化症
※1個ごと値段
1〜2mm 1個のみ:3,000円
2〜4個:2,000円
5〜19個:1,500円
20個以上:1,000円
6mm以下 1個のみ:5,000円
2〜4個:3,000円
5〜19個:2,500円
20個以上:2,000円
院長施術料金 1~19個:+5,000円
20個以上:+7,000円
70個以上:10,000円
100個以上:15,000円
診療時間 11:00~19:00
※完全予約制
休診日 日・祝日
所在地 東京都中央区銀座1-3-3 G-1ビル5F
アクセス JR「有楽町駅」京橋口改札より徒歩4分

この記事の参考サイト・文献

その他のシミの症状もチェックする

 
ページの先頭へ