顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

脂漏性角化症

脂漏性角化症の原因や特徴、主な症状を調べました。炭酸ガスレーザーなど、効果的な治療法などを紹介しています。

脂漏性角化症について

別名「老人イボ」と言われているのが、脂漏性角化症(しろうせいかくかしょう)。50代以降になるとできやすくなり、シミというよりはほくろのような見た目をしているのが特徴です。

脂漏性角化症の特徴

  • 原因…肌の老化

脂漏性角化症ができる大きな原因は肌の老化にあるため、老化現象の一つとされています。実際に、80歳以上の高齢者は体に一つ以上の脂漏性角化症が発生している確率が高いです。

では、そもそもの大きな原因はどこにあるのかというと、これは紫外線の影響と考えられています。紫外線を浴びた肌ではシミや日焼けの原因ともなるメラニン色素を作って紫外線が肌にダメージを与えるのを防ぐのですが、メラニン色素は時間がたてばターンオーバーによって排出されなければなりません。

ところが、老化などの理由で肌のターンオーバー機能が十分に働かないと新しい肌に生まれ変わることができなくなり、肌に様々なトラブルを引き起こしてしまいます。そのうちの一つが脂漏性角化症です。

一生の中で全く紫外線を浴びずに生活するわけにはいきませんが、紫外線対策を怠っていると若くして脂漏性角化症ができてしまうこともあります。

  • 症状の特徴…形状は丸く大きく、表面が盛り上がっている、色は茶褐色~黒色、年々シミが大きくなったり、かゆみを伴うことがある

通常のシミと同じくメラニンの蓄積によって発生するそうですが、直接的な原因は肌の老化みたいですね。普通のシミも放っておくと、この脂漏性角化症になる可能性があるそうなので注意が必要です。

治療は炭酸ガス(CO2)レーザーが一般的

治療法としてはレーザー治療、液体ちっ素による凍結療法などが挙げられます。

レーザーに関しては、通常のシミ治療に使われるQスイッチレーザーでも施術はできるようですが、炭酸ガスによる「CO2レーザー」を使うところが多いようです。このCO2レーザーとは、黒の色素のみに反応する従来のレーザーとは違って、表面の凹凸にも対処できるマシンのこと。

そのため、ふくらみのあるほくろやイボの治療によく使われるそうです。都内の病院でも、このレーザーを扱っているところは少ないようなので、脂漏性角化症かな?と思われる方は、事前にその旨を伝えておくと良いかもしれませんね。

また、シミは大きくなるほど、濃くなるほど治療が難しくなると言われています。脂漏性角化症になるのを防ぐためにも、気になったら早めに治療されることをおすすめします。

その他のシミの症状もチェックする

シミ消しレーザー治療におすすめ!美容外科口コミ評判ランキング >>

ページの先頭へ