顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)

老人性色素斑

顔シミと言われている老人性色素斑の特徴や原因、メカニズムについて調査してみました。

また、老人性色素斑の治療に効果的なレーザー治療の種類や、効果についても記載。

シミに悩む方やシミ対策をはじめたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

老人性色素斑について

シミにはいくつか種類があるのですが、その中でもシミの代表格と言えるほど発症するケースが多い老人性色素斑。紫外線を浴びた後、時間が経つとともに現れるシミのことです。

若いうちはシミとして現れないのですが、シミ予備軍は蓄積。早ければ30代から紫外線が当たりやすい部位に発生するのです。そんな老人性色素斑の特徴や、発生の原因・メカニズムを解説していきます。

老人性色素斑の特徴

老人性色素斑は紫外線の当たりやすい顔や腕手の甲などにできやすいのですが、肌に見えるすべてが老人性色素斑という訳ではありません。

大きく以下の3つの特徴があるので、自分のシミが老人性色素斑なのかを判断の参考にしてみてください。

  • シミの色が茶褐色~茶色
  • シミの輪郭が比較的ハッキリしている
  • シミが顔や腕、手の甲など日差しを浴びやすい

日本人は40代以降に老人性色素斑が現れやすいと言われています。ですが、10代に屋外で行なうスポーツやレジャーを行なっていた方は、20代であっても老人性色素斑が現れるようです。

老人性色素斑の原因

老人性色素斑ができてしまう原因は、大きく「紫外線」と「肌の老化」の2つによるものです。

紫外線

紫外線を浴びると、肌の奥にあるメラニン色素を作り出す細胞「メラノサイト」に刺激を与えてしまいます。

その結果、メラニン色素が生成され、老人性色素斑ができてしまうのです。

肌の老化

若いうちはターンオーバーが正常にできているため、作られたメラニンが肌に残りにくい仕組みになっています。

しかし年齢を重ねるごとにターンオーバー正常に働かなくなっていくのです。ターンオーバーが上手くできないと、小さなシミが少しずつ蓄積されていき、いずれ大きなシミに繋がっていきます。

老人性色素斑はどちらか1つだけではなく、2つが重なって発生することが多いので、紫外線と老化に効果がある対策をする必要があります。

老人性色素斑の発生メカニズム

紫外線を浴びた肌は、外敵から細胞を守るためにメラノサイトという細胞を活性化させて、黒い色のメラニンを生成します。

本来ならメラニンは肌のターンオーバーによって、角質と一緒に垢となって体外へ排出されるものです。

しかし、紫外線を大量に浴びてしまったり、老化による肌の代謝が落ちてしまったりすると、生成と排出のバランスが取れず色素が沈着して肌に残ってしまいます。これが、老人性色素斑のシミとなるのです。

老人性色素斑に効果的なレーザー治療

シミを取り除くためにもっとも効果的な方法は、シミになっている細胞を除去し、健康な細胞に入れ替えること。その方法として効果的なのがレーザー治療です。

レーザー治療とひと言でいっても、いくつか種類があります。ここでは、代表的なレーザー治療の違いを解説しているので、シミ治療を行なう際に参考にしてみてください。

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーはシミ治療を行なう際に使われる、もっとも一般的なレーザーです。メラニン色素を選択的に破壊できるので、シミ周辺の細胞に傷をつけることなく、安全に治療を行なえます。

Qスイッチレーザーの種類

Qスイッチレーザーにはいくつか種類があり、それぞれに異なった特徴を持っています。

  • ルビーレーザー
    正常な組織に対するダメージが少なく、色素だけに効果的に作用する
  • ヤグレーザー
    シミ治療やタトゥー除去以外にも、肝斑や炎症性の色素沈着の治療効果を持つ
  • アレキサンドライトレーザー
    シミ治療以外にも、難治性のニキビ治療や脱毛効果を持つ

レーザーフェイシャル

メラニン色素に反応するレーザーを照射し、薄いシミやくすみ、そばかすなどに効果を発揮する治療方法です。

レーザーフェイシャルはQスイッチレーザーと比べると効果は弱いですが、ダウンタイムがほとんどないことや、顔全体に向けて照射できるためシミ治療と同時にやそばかす、くすみにも効果を発揮。強い炎症や炎症による色素沈着が起きにくいメリットも。

また産毛がレーザーによって燃えることで、脱毛効果も得られます。シミ以外の悩みを抱えている方にも向いている治療方法と言えるでしょう。

フラクショナルレーザー

フラクショナルレーザーはレーザーを面ではなく皮膚に点状の小さな穴をあけることで、コラーゲンの生成を促して肌の再生を行なう治療方法です。

シミ治療だけではなく、アンチエイジングやしわ・たるみの改善、ニキビ跡といった様々な肌の悩みにアプローチできます。治療時にはチクチクとした痛みがあり、術後しばらくすると強い日焼けをしたような痛みを感じることもあるようです。

ダウンタイムは7日から10日程度が目安。治療後、1週間ほど経つとかさぶたが自然と剥がれていき、キレイな肌になります。

レーザー以外の治療方法

レーザー治療以外にもシミに効果を発揮する治療方法があります。ここでは光治療とハイドロキノンの2種類について解説します。

IPL(光治療)

IPL(光治療)はレーザーと異なる、特殊な光を顔全体にカメラのフラッシュのように照射して治療する方法です。

レーザー治療と比べて、メラニン色素を破壊する力が弱いため、シミ治療の効果は高くはありません。

しわやくすみ、そばかすなどの様々な肌の症状に効果を発揮するため、シミ以外の悩みも同時に解決したい方には向いていると言えるでしょう。

ハイドロキノン

シミの漂白剤と呼ばれるハイドロキノン。シミの原因であるメラニンを作り出す働きを抑え、新たにメラニン生成されることを抑制してくれます。

漂白効果が強いため、まれに白斑やアレルギー症状を起こすおそれも。異常を感じたときはすぐに使用を止めて、医師に相談しましょう。

老人性色素班の治療におけるデメリット・副作用

老人性色素班の治療にはレーザーや医薬品を用いたものなど様々な方法がありますが、どれも完璧というわけではありません。それぞれのデメリットや副作用について理解しておきましょう。

レーザー治療にはダウンタイムが必要

老人性色素班 治療

レーザー治療は、レーザー照射後肌が赤くなる、痛む、かさぶたになるなどの過程を経てシミが見えにくくなる仕組みです。

この一連のスピードは個人差が大きく、数日間は気になるという方もいるでしょう。

また、照射後に老人性色素班が濃くなることもありますが、一時的なものなので数ヶ月程度で治まっていきます。[注1]

しばらくは人と会う予定を入れない、メイクを避けるなど、肌に優しい生活を心がけないといけません。

薄いシミにはレーザーは使えない

老人性色素班の治療に用いられることの多いレーザーですが、元々のシミが薄い場合はレーザーを使えません。

レーザーは肌の黒色、茶色の部分に反応するため、あまりに薄いと反応が弱くなってしまうのです。老人性色素斑ではない、肝斑という種類のシミもレーザー以外での治療法になります。

その場合は薬品を使った治療方法となります。シミ治療の効果は薄いもののスキンケアに有用とされる光治療や、漂白効果があっても副作用を起こす可能性が高いハイドロキノンなど、医師とよく相談して治療法を考えていかなければなりません。

レーザー、薬品による治療で肌が荒れることも

レーザーや薬品と肌の相性が悪く、施術後に荒れてしまうことがあります。異変を感じたら医師に相談し、治療法を考え直していきましょう。

クリニックによっては初回お試しとして小さい範囲のみにレーザーを打ってくれるところもあります。薬品を使う場合は肘の裏などでパッチテストを行ってから肌に塗るようにするといいでしょう。

また、レーザー照射後の肌は非常にダメージを受けています。軽いやけど、ケガをしたのと同じ状態ですので、いつも問題ない刺激でも肌荒れの原因になってしまう可能性があります。紫外線対策、乾燥対策をいつも以上に入念に行うようにしましょう。

施術後すぐにメイクができるレーザーもありますが、その場合でも肌荒れが気になるという方は石鹸などで落とせる薄いメイクを心がけるといいでしょう。クレンジング、洗顔も肌をこすらないようにすることで、弱くなっている肌を傷つけずに済みます。

保険適用外となるので治療費が高額に

レーザー治療、薬品による治療、どちらを選んでも老人性色素班の治療は保険適用外となります。そのため、治療にかかる費用は全額負担。どのクリニックを選んでも高額になります。

レーザー治療の場合だと種類にもよりますが1回10000円程度を3回から6回程度受ける必要があります。初回の特別なキャンペーンを行っているクリニック、セット割引を行っているクリニックなどを選ぶとお得に受けられます。

[注1]MEDICAL PHOTONICS TODAY:シミ・ソバカスの治療戦略[pdf]

シミ(老人性色素斑)の予防方法

若いうちからのダメージが蓄積されて出来るシミ(老人性色素斑)は、予防や対策で事前に防ぐのが大切です。シミの予防方法は次の通り。

紫外線対策をする

メラニン色素を発生させる主な原因が紫外線です。紫外線を浴びることでメラニン色素が多く発生してしまい、後々になって老人性色素斑といったシミを生み出してしまうのです。

日傘や帽子を使う他、日焼け止めクリームを塗るなどして日頃からしっかり紫外線対策を徹底しましょう。

紫外線は曇りの日や冬の日でも降り注いでいるため要注意です。また、日焼けをした後はしっかり保湿してアフターケアを忘れないようにしてください。

スキンケアを怠らない

化粧水で水分補給をした後に乳液やクリームで蓋をする…といった一連のスキンケアがなされていないと、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

ターンオーバーの乱れた肌は発生したメラニンを上手く排出できないため、結果的に色素沈着などのシミをつくってしまうのです。

また、保湿のされていない肌はバリア機能が下がってメラニンが発生しやすくなります。日頃からスキンケアは小まめに行いましょう。

ビタミンを補給する

ビタミンAやビタミンCなどは美肌成分として有名です。肌のターンオーバーを促したりメラニン色素の発生を抑制する働きのあるビタミンは、食事で摂りいれるだけでも十分な美白効果を促してくれます。

シミの気になる人は、毎日食事から十分なビタミン補給をしておきましょう。身体の内側からメラニン色素に働きかければ、シミの予防として十分な効果を発揮します。

シミ治療に定評があるクリニック

医師

クリニックによってどのような方法でシミ治療を行っているかは異なります。

どの方法を選択するのかによって治療費用や効果が変わってくるだけでなく、どのクリニックで施術を受けるのかによって選択できる治療法は変わってくるので注意しておきましょう。

そこで、シミ治療に定評があるのクリニックではどのような治療法を実践しているのかについて詳しくご紹介するので参考にしてみてくださいね。

東京でシミ取りレーザーがおすすめの
クリニック特集はこちら>>

エルテ大塚クリニック

Qスイッチルビーレーザーといった、色が濃いシミに効果的かつ1回のレーザー照射で完全除去する施術方法があります。

他には、肌表面に光を照射して、痛みをなるべくおさえて安全性を高めたスーパーフォトセラピーもおすすめ。さらに、シミの細胞を少しずつ破壊する成分を含んだハイドロキノン軟膏も処方しています。

治療名 種類 料金(税込)
Qスイッチルビーレーザー 1照射(4~5mm)
※範囲に応じて別料金設定
1,080円
診療時間 10:00〜19:00
休診日 水曜日、日曜日(祝日の診療日はPM4:00まで)
所在地 東京都豊島区北大塚2-15-10ジュンエイビル3F
アクセス JR山手線大塚駅北口から徒歩30秒

フェミークリニック

シミや肝斑に効果がある最新機種のメドライト(MedLite)というQスイッチYAGレーザーを使用しています。

広範囲に均一のパワーでレーザー照射することが可能。さらに、美容大国のアメリカや台湾、韓国でも人気なことから、効果や実力がうかがえます。さらに、レーザー治療と併用してイオン導入やケミカルピーリング、ビタミンCなどを取り入れ、さらなる効果を得ることも可能です。

治療名 種類 料金(税込)
シミ取りレーザー 1cm×1cm以内 10,584円
直径 5mm以内 5,400円
1cm×1cm以内 16,200円
1cm×1cmを超えた1㎟ごと 238円
診療時間 11:00~20:00(月~土)
11:00~19:00(日・祝)
所在地(渋谷院) 東京都渋谷区神南1-22-8 渋谷東日本ビル8F
アクセス JR線、東京メトロ各線渋谷駅から徒歩3分

四谷見附クリニック

四谷見附クリニックでは、500円でQスイッチルビーレーザー治療を受けることができます。ここで使用する機器のMedlite C6は、シミの濃さに応じて出力を調整することが可能。

老人性色素斑やソバカス、肝斑といった様々なケースの施術に効果を発揮します。さらに、「レーザーリジュビネーション」といって少し出力をおさえて施術後の腫れや赤みを抑える安全に配慮した方法も取り入れています。

治療名 種類 料金(税込)
メドライトC6 (ヤグレーザー) 初回治療時 1ショット 540円
通常 1ショット 1,080円
The Ruby nano_Q (ルビーレーザー) 初回治療時 1ショット 1,620円
通常 1ショット 3,240円
診療時間 10:00~19:00(月~金)
土曜日 13:00~19:00
休診日 水曜日、日曜日、祝日
所在地 東京都新宿区若葉1-10-60 若葉ビル
アクセス JR中央線・総武線/東京メトロ四ッ谷駅より「赤坂口」を出て徒歩4分

新宿ビューティークリニック

短期集中で、シミの原因となるメラニンを取りたい方は、Qスイッチルビーレーザー。色素沈着、肌色のムラの改善に期待ができるルビートーニングもおすすめです。

レーザーによる痛みが気になる方は、角質除去によってメラニンを取るケミカルピーリングや光治療による肌の負担を極力抑えた方法もあります。

特筆すべきは、これらの施術を初回特別価格で受けることが可能。無料カウンセリングを実施しているので、気になる方は一度受けてみてはいかがでしょうか。

治療名 種類 料金(税不明)
Qスイッチルビーレーザー 初回1個3mm以内 1,050円
しみ除去レーザー 部分照射1カ所 3,150円から
電気分解レーザー 1個3ミリ以内 10,500円
診療時間 10:00~20:00(月~金)
10:00~19:00(土日祝)
所在地 東京都渋谷区代々木2-10-1 新宿サンセイビル6F
アクセス JR新宿駅「甲州街道改札」より徒歩1分
各線新宿駅「南口改札」より徒歩3分

大塚美容形成外科

大塚美容形成外科で使用するQスイッチ付きルビーレーザーは、通常のレーザー機器よりも深い層にあるシミやあざに効果があります。

深層部分にあるシミに効果があることはもちろん、浅い部分にあるシミであれば1回で取ることが可能です。高い出力でのレーザーとなるので治療の際に痛みがありますが、麻酔テープやクリームで軽減させることができます。

治療名 種類 料金
Qスイッチ付きルビーレーザー 5照射 10,000~
診療時間 10:00~19:00(年末年始は要問合せ)
所在地 東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
アクセス 大塚駅から徒歩4分

青山エルクリニック

青山エルクリニックのシミ、そばかす、肝斑治療では、光治療・水光注射・Qスイッチヤグレーザーが採用されています。

その中でもQスイッチヤグレーザーは、直径1㎜の範囲でしみの原因となるメラニン色素を破壊することが可能です。

さらに、肌の保湿に必要な水分を注入する水光注射や、ほくろ取り専用のCO2レーザーも使用していることから、様々なシミにアプローチすることができるでしょう。

治療名 種類 料金(税込)
Q-switch YAGしみ取りレーザー 直径1mm 3,240円
CO2レーザー
ほくろ取りレーザー
直径1mm 3,240円
診療時間 10:00~19:00
休診日 木曜日、日曜日、夏季、正月
英語対応ご希望の方(月・火・金)
所在地 東京都港区南青山5-10-6 テラアシオス表参道ビル5F
アクセス 地下鉄表参道駅より徒歩2分

メディカルプラスクリニック

最新のQスイッチルビーレーザーを使用して、皮膚内部の黒褐色系の色素を破壊します。

さらに、694nmの波長を調整して、患部の状態に合わせた最適なレーザー照射で治療が可能。

特筆すべきは、肌組織(コラーゲン)への影響が低いため、肌へのダメージがほとんどありません。出力エネルギーも均一に放出されるので隙間なく照射ができるでしょう。

治療名 種類 料金(税込)
シミ治療 同日5ショットまで(1ショット直径約5mm)
色素沈着予防の薬剤代込
10,800円
同日6ショット目以降 1ショット 1,620円
診療時間 10:00~19:00
休診日 第2、4日曜日
所在地 東京都渋谷区代々木2-7-8 東京南新宿ビル 6F
アクセス 新宿南口徒歩1分

高山ホワイト皮膚科クリニック

正常な皮膚組織に負担を与えることなく、しみ、そばかすを除去することが可能なQ-YAGレーザーを使用しています。

そして、シミやあざの濃さによって532nm(SHG:YAGレーザー)と1064nm(Nd:YAGレーザー)といった2つの波長を選択することが可能。

ただし、Q-YAGレーザーは肝斑には使用できないので、医師とよく確認したうえで施術に臨みましょう。

治療名 種類 料金(税込)
しみレーザー治療 1cm2につき 10,800円
診療時間 10:00~19:00
休診日 月曜日、木曜日
所在地 東京都渋谷区恵比寿西2-11-9 東光ホワイトビル3F
アクセス JR山手線または東京メトロ日比谷線「恵比寿駅」下車 徒歩3分
東急東横線「代官山駅」下車 徒歩5分

湘南美容クリニック

「ピコトーニング」といった、極めて短い照射時間で効果を発揮する、レーザー施術を採用しています。

ピコトーニングに搭載されているレーザーは、755nmという波長で、他のレーザーよりもメラニン吸光度が3倍です。

照射時間が短いこともあって周辺組織にダメージを与えないのでより早く美しくできるのがおすすめポイントといえるでしょう。

治療名 種類 料金(税込)
ピコトーニング 1回 12,800円
5回 52,000円
10回 98,000円
診療時間 年中無休10:00~19:00
所在地 【新宿本院】東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
アクセス JR新宿駅西口徒歩10分
東京メトロ丸の内線西新宿駅直結
都営地下鉄大江戸線都庁前駅徒歩5分

シロノクリニック

紫外線や加齢によるシミやそばかすに対応できるように、適切なレーザーや光治療で施術を行います。

使用する機器は、Qスイッチルビーレーザー、フォトシルクプラス、アキュチップ、ライムライトと多数あり、患部の状態によって使い分けているとのこと。

中でもQスイッチルビーレーザーは、傷跡を残さずにシミの原因となる皮膚内部のメラニン色素を破壊することから人気の施術です。雑誌でも紹介された実績があるので、気になる方は問い合わせてみてはいかがでしょうか。

治療名 種類 料金(税込)
Qスイッチルビーレーザー (1回)直径5mm以内 5,400円
(1回)両頬と鼻 43,200円
診療時間 10:30~19:00
休診日 年末年始、祝祭日
所在地 【シロノクリニック恵比寿院】東京都渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクエアプラザ2F
アクセス JR恵比寿駅西口より徒歩8分
東京メトロ恵比寿駅「1番出口」より徒歩8分
JR渋谷駅より電車3分→JR恵比寿駅西口より徒歩8分

その他のシミの症状もチェックする

 

 
ページの先頭へ