顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

シミ(老人性色素斑)

いわゆる顔シミ(老人性色素斑)の特徴や原因を調べてみました。レーザー治療によって、どのような効果が期待できるか詳しくまとめています。

シミ(老人性色素斑)ってどんな症状?

老人性色素斑(シミ)の原因と症状老人性色素斑とは、紫外線に当たることによって現れる斑点のことを言います。

若いうちはとくに問題はないそうですが、25歳を過ぎると皮膚の老化によって、メラニン色素が蓄積して、表面にシミとなって症状が現れてくるそうです。

老人性色素斑の特徴

主に顔や手など肌の露出している部分にできやすいです。症状としてはいわゆるシミで、大きさや形はそれぞれです。

老人性色素斑の原因は二つあります。一つは紫外線です。紫外線を浴びると肌にメラニン色素が発生し、シミになります。

もう一つの原因が肌の老化です。通常肌はターンオーバーをしているため生成されたメラニン色素は肌に残らないような仕組みになっています。しかし肌が老化しているとこのターンオーバーが正常に働かずシミができてしまうということです。

シミの原因は紫外線と思っている方も多いと思いますが、「紫外線のダメージが引き金」というよりも、「肌の老化が引き金」といった方が正解ということです。

また、紫外線によるダメージの蓄積と肌の老化が組み合わさると、メラニン色素が過剰に作られて活発化します。そのため肌が老化し始める30代から40代にかけて急にシミが増えるということが起きます。

肌の老化が大きくシミに関わっているのが、老人性色素斑と他のシミとの大きな違いですね。

シミ(老人性色素斑)の治療法

Qスイッチレーザー

Qスイッチレーザーは、シミの除去でよく用いられているポピュラーなレーザー治療方法です。Qスイッチレーザーはメラニン色素に反応し、シミになっている部分を選択的に破壊してくれます。周辺にある他の細胞(コラーゲンや血管など)を傷つけるリスクがないため、安全性が高く確実なシミ治療が可能になります。

レーザーを照射した患部は、かさぶたになって剥がれ落ちます。その下から新たなシミのない皮膚が再生され、シミが除去されるのです。

レーザーフェイシャル

レーザーフェイシャルは、Qスイッチレーザーと比べるとマイルドな威力のシミ治療方法です。ダウンタイムが短くてリスクも少ないのが魅力的ですが、その分治療効果もあまり期待できません。

目に見えて分かる濃いシミであれば簡単に除去できますが、メラニンが薄いシミをレーザーフェイシャルで取り除くのは難しいでしょう。効果よりも安全性を重視する方におすすめな治療方法です。

IPL(光治療)

IPLとは、強いパルス光を照射することによってシミを治療していく方法です。レーザー治療と比べるとメラニンを破壊する威力が弱いため、シミの治療効果はあまり高くはありません。

ただし、IPLで光を照射した部分には、メラニン色素の破壊だけではなくてコラーゲンの生成を促す効果も発揮されます。シミ治療以外にも美肌効果が欲しい、という人に向いた方法です。

ハイドロキノン

ハイドロキノンとは、概要美白剤の一種です。メラニン色素の合成を抑える作用があるため、シミの治療目的に良く使われています。クリームや軟膏タイプの塗り薬として処方されます。

漂白作用が強いためシミの治療効果も期待できますが、白斑ができたりアレルギー反応や炎症が起きたりといった副作用のリスクも高いです。

シミ(老人性色素斑)の予防方法

若いうちからのダメージが蓄積されて出来るシミ(老人性色素斑)は、予防や対策で事前に防ぐのが大切です。シミの予防方法は次の通り。

紫外線対策をする

メラニン色素を発生させる主な原因が紫外線です。紫外線を浴びることでメラニン色素が多く発生してしまい、後々になって老人性色素斑といったシミを生み出してしまうのです。

日傘や帽子を使う他、日焼け止めクリームを塗るなどして日頃からしっかり紫外線対策を徹底しましょう。紫外線は曇りの日や冬の日でも降り注いでいるため要注意です。また、日焼けをした後はしっかり保湿してアフターケアを忘れないようにしてください。

スキンケアを怠らない

化粧水で水分補給をした後に乳液やクリームで蓋をする…といった一連のスキンケアがなされていないと、肌のターンオーバーが乱れてしまいます。ターンオーバーの乱れた肌は発生したメラニンを上手く排出できないため、結果的に色素沈着などのシミをつくってしまうのです。

また、保湿のされていない肌はバリア機能が下がってメラニンが発生しやすくなります。日頃からスキンケアは小まめに行いましょう。

ビタミンを補給する

ビタミンAやビタミンCなどは美肌成分として有名です。肌のターンオーバーを促したりメラニン色素の発生を抑制する働きのあるビタミンは、食事で摂りいれるだけでも十分な美白効果を促してくれます。

シミの気になる人は、毎日食事から十分なビタミン補給をしておきましょう。身体の内側からメラニン色素に働きかければ、シミの予防として十分な効果を発揮します。

シミ治療に定評があるクリニック3選

クリニックによってどのような方法でシミ治療を行っているかは異なります。どの方法を選択するのかによって治療費用や効果が変わってくるだけでなく、どのクリニックで施術を受けるのかによって選択できる治療法は変わってくるので注意しておきましょう。

そこで、シミ治療に定評がある3つのクリニックではどのような治療法を実践しているのかについて詳しくご紹介するので参考にしてみてくださいね。

東京でシミ取りレーザーがおすすめの
クリニック特集はこちら>>

エルテ大塚クリニック

エルテ大塚クリニックで行っているシミ治療はQスイッチルビーレーザーやフォトスキンセラピーを基本としたものとなっています。Qスイッチとはなにか?というと、これはジャイアントパルスを得るための一つの方法のこと。

メラニンに吸収されやすい波長を持っているため、その力を増幅する働きを持ったQスイッチをつけることによりシミの大きな原因となっているメラニンを破壊する方法なのです。

Qスイッチを活用した美容術は非常に人気となっているので、Qスイッチを取り入れた施術を行うところは増えてきています。

エルテ大塚クリニックの場合はホームページ上から院内の様子がGoogleマップで見られるので雰囲気もつかみやすいでしょう。初めて行くクリニックだから緊張してしまって…という方でも安心ですね。施術室の内部まで見られるようになっているので、気になっている方は一度チェックしてみましょう。

また、料金設定が良心的なのも大きなポイントです。気になるシミがあるけれど、あまり費用が高いところだと検討できない…という方も多いはず。そういった方も一度エルテ大塚クリニックで相談してみましょう。

費用の中には診察はもちろんのこと、麻酔の費用やアフターフォローまで含まれているので安心して検討できるはずです。これらの費用がすべて別扱いになってしまうと総合的な費用も高くなりますが、エルテ大塚クリニックならば安心ですね。

それから、シミ治療を成功させるためには腕の良い先生に担当してもらうことが大切。エルテ大塚クリニックに在籍している先生は形成外科出身ということもあり、腕が良いと評判です。

フェミークリニック

フェミークリニックで行うシミ治療ではQスイッチアレキサンドライトレーザーのほか、e-max SRという方法でシミ治療を行っています。この治療法では新陳代謝を活発にできるため、若々しい肌を作ってくれるのです。

シミだけでなく、そばかすやくすみ、ニキビ、赤ら顔など様々な肌トラブルをまとめて解消する働きが期待できます。e-maxで治療を受けたところ、肌全体が若返ったと感じる方も多いです。

コラーゲンの産生を促す方法でもあるため、肌のハリやツヤもアップします。これにより肌のたるみが改善する方も多いため、シミ改善ついでに美肌を目指しましょう。

一人ひとり肌の状態やシミの状態などは異なるため、一人ひとりの状態に合わせた施術を行わなければなりません。フェミークリニックではそれぞれに肌に合わせたオーダーメイドの治療が受けられるため、細かいカウンセリングと診断を行った上で最適な治療を行ってくれます。

シミの中には間違ったケアを行うと悪化してしまうものもあるのですが、フェミークリニックならばそういった心配もありません。

フェミークリニックの大きな特徴ともいえるのが、ただ単に現在できているシミを治療するだけでなく、再発を予防するための対策も行っているということ。大きな原因は紫外線にあるのですが、他にも生活習慣の改善などについてもアドバイスがもらえます。

できてしまったシミを改善するのは大変なことなので、できるだけ予防に努めたいですよね。日常的にどのようにシミ予防を行っていけば良いのかも詳しくアドバイスしてくれるので、美容法などについて相談したいと思っている方にも向いているでしょう。

四谷見附クリニック

四谷見附クリニックで行うシミ治療では様々な選択肢が用意されているのが魅力です。

Qスイッチルビーレーザー、Qスイッチヤグレーザー、Qスイッチアレキサンドライトレーザーなどが用意されているので、自分に合った方法を検討してみましょう。

シミができる原因も状態も人によって異なります。そのため、自分にとって最適な治療法を選択することが重要です。細かい相談などもしっかり聞いてくれるとのことなので、シミ治療をしたいと思っているけれど様々な不安を抱えている…といった方でも検討しやすいでしょう。

また、シミ治療をしたいと思っていてもできればそれを周りから知られたくないと思っている方もいるはず。ダウンタイムがある方法だとどうしても知られてしまう可能性がありますが、四谷見附クリニックではレーザーリジュビネーションといったダウンタイムが少ない治療法も取り扱っています。

低出力でQスイッチYAGレーザーを照射することによって細胞を温め、コラーゲンの再生を促して肌の若返りが期待できる方法です。

その他のシミの症状もチェックする

シミ取りレーザー治療クリニックBEST3
 
ページの先頭へ