顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

しみ(老人性色素斑)

いわゆる顔シミ(老人性色素斑)の特徴や原因を調べてみました。レーザー治療によって、どのような効果が期待できるか詳しくまとめています。

しみ(老人性色素斑)ってどんな症状?

老人性色素斑(しみ)の原因と症状老人性色素斑とは、紫外線に当たることによって現れる斑点のことを言います。

若いうちはとくに問題はないそうですが、25歳を過ぎると皮膚の老化によって、メラニン色素が蓄積して、表面にシミとなって症状が現れてくるそうです。

老人性色素斑の特徴

  • 主な原因…紫外線、肌の老化
  • 症状の特徴…形状は丸く、色は薄茶~茶褐色、表面に盛り上がりがない、ほお骨やこめかみ周辺にできやすい

はじめはごく薄い茶色をしていて、その後は徐々に濃く目立つようになってくるのも特徴の一つ。

20~30代前半でシミを見つけても気にしない、という人は多いと思います。ですが、将来的なことを考えると早い時期に対応しておくことが大切なんだそうです。

濃くなり始めたシミにはレーザー治療が必須

レーザーで老人性色素斑を治療するには。できてしまった老人性色素斑(シミ)の対策方法としては、美白コスメ、ケミカルピーリング、レーザー治療などが挙げられます。

ごく薄い状態のシミであれば、化粧品やピーリング剤を使って自宅で改善できる場合もあるのだそう。しかしながら、一度濃くなってしまったシミレーザー治療でしか完全に消すことはできないそうです。

レーザーというと怖い!と思う人もいるかもしれませんが、信頼できる病院で受ければ大丈夫ですよ。それに、クリニックによっては塗り薬からはじめて様子を見たり、より肌への負担が少ないフォト(光)を使った治療を受けることもできます。

シミ予防のためにも紫外線対策は入念に…!

現在シミに悩んでいる人も、まだ気にならないという人も、紫外線対策は入念に行っておくのが良さそうです。

というのも、老人性色素斑ができる人は若い頃に紫外線対策を怠っていたケースが多いんだそうです。とくに日焼けはしていないつもりでも、普通に生活をしているだけでも紫外線のダメージは大きいのだとか。

早めの時期からUVクリームを使うなどして、なるべく事前に防いでおきたいですね。

その他のシミの症状もチェックする

シミ消しレーザー治療におすすめ!美容外科口コミ評判ランキング >>

ページの先頭へ