顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

肝斑

肝斑

左右対称にできる肝斑の特徴や原因・メカニズムを調査しました。

有効的な治療方法とその特徴についてもまとめています。

「顔にできてしまった肝斑をどうにかしたい・・・」と悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

肝斑はどういったシミかおさらい

シミの種類の中でもっとも多いとされているのは老人性色素斑ですが、その次に多いのが肝斑だと言われています。

肝斑は、シミの現れ方が特徴的なので、比較的見分けやすいシミです。どんな特徴があり、どんな原因・メカニズムで症状が現れるのかを解説しているので、治療をはじめる前に肝斑について知っておきましょう。

肝斑の特徴

肝斑は主に顔にできる左右対称のシミで、目の周辺を避けて頬骨や口の周りなど、現れる特徴があります。

ホルモンバランスなどの影響で、30~50歳くらいの女性にできやすいとされていることも肝斑ならではの特徴と言えるでしょう。

また肝斑は他のシミとは異なり、紫外線が原因で発症するものではありません。シミ改善のために紫外線対策や美白ケアをしているのにも関わらず、シミが増え続ける場合には肝斑の可能性があります。

肝斑の原因

シミの主な原因は紫外線によるものですが、肝斑は女性ホルモンが深く関わっているとされています。

それは妊娠やピルの服用によりホルモンバランスが乱れると、肝斑が発症したり、症状が悪化したりするため、影響を与えると考えられているからです。高齢の女性には肝斑が現れないことも、女性ホルモンの乱れによる原因を示唆しています。

また「シミができてしまった」というストレスから症状が悪化するケースもあるため、ストレスも原因のひとつだと考えられているようです。

その他にも、過度なマッサージによる摩擦や物理的な刺激といった原因で悪化することもあり、肝斑の要因は多数存在しています。

肝斑のメカニズム

実は肝斑が発生してしまう詳しいメカニズムは解明されていません。ですが、肝斑の主な原因は女性ホルモンの乱れと考えられています。

女性ホルモンが乱れると、プラスミンという成分が分泌されてしまい、この成分がメラニンを生成するメラノサイトを活性化。その結果、メラニンが大量に生成されるため紫外線を浴びなくてもシミが作られてしまうのです。

女性ホルモンの乱れが原因と言われている肝斑ですが、紫外線対策は大切。紫外線を浴びることですでにある肝斑が濃くなるためです。症状の悪化を防ぐためにも日頃から紫外線対策を行ないましょう。

シミとの違いは濃淡と境界線

シミとの見分けがつきにくい肝斑ですが、区別するにはポイントがあります。

  • 濃淡の差が少ない
  • 境界線がはっきりしている

この2つのポイントで分からないような場合は、美容皮膚科に相談してみましょう。

肝斑に効果的なレーザー治療

強いレーザー光を照射しメラニン色素を破壊する治療方法では、逆にメラニンを作り出す細胞を活性化させ、症状を悪化させてしまうことがありえます。そのため、以前はレーザー治療は肝斑に適さないとされていました。

しかし、最近になって誕生したのが、従来のレーザー機器の弱点を克服したレーザートーニング。従来の機器よりも刺激が弱いレーザー光を当てて、肌や血管の炎症を起こさないようにした治療です。

レーザー治療にはQスイッチレーザーやレーザーフェイシャルなどいくつか種類がありますが、肝斑の治療で使われるのはレーザートーニングのみとなっています。ここでは肝斑の治療に適したレーザートーニングについて詳しく解説しています。

レーザートーニング

レーザートーニングとは、出力を微弱に調整したYAGレーザーを広範囲に照射する治療法です。少しずつ治療を重ねてシミを消していきます。

従来行なわれていたQスイッチレーザーによるレーザー治療だと、肝斑を悪化させるばかりでした。肝斑のできる原因はメラニン色素というよりも、ホルモンバランスの乱れによるものが主流です。

メラニン色素を破壊するようなレーザー治療では肝斑を強い刺激を与えてしまい、メラニンを増やしてしまうリスクがあります。

しかし、レーザートーニングは肝斑の広がっている部位へ均等にレーザーを照射することができる治療法です。レーザートーニングを使用することで肝斑に刺激を与えるリスクを抑えつつ、治療できるようになりました。

腫れや痛みといったダウンタイムもほとんどないので、施術の回数が多いのもそんなに苦にはならないでしょう。

レーザー以外の治療法

レーザー以外の肝斑に効果がある治療方法を解説。ここではトラネキサム酸と美白外用剤を紹介しています。

トラネキサム酸の服用

トラネキサム酸

トラネキサム酸は美白効果を持つ内服薬のひとつです。

メラニンの発生を抑える働きを持っています。

レーザー治療は外側から肝斑にアプローチできるのに対して、身体の内側からサポートするのが内服薬の効果の特徴です。

効率的な美白効果を求めている方におすすめします。

美白外用剤

美白外用剤とは、クリームや軟膏などの塗り薬のことです。漂白作用を持ち、メラニン色素の生成を抑えるハイドロキノン・トレチノインなどの成分が配合されています。

レーザー治療やレーザートーニングといった外的な治療を行なった後に、美白外用剤を使って肝斑の再発を防ぐ治療法を勧めるクリニックも。ただし、美白外用剤は強い漂白作用を持っています。

メラノサイト(色素細胞)を消失させる白斑の症状があらわれたり、アレルギー反応や炎症などの副作用が出たりすることもあるので使用する場合は注意が必要です。

取り入れてみたい治療

肝斑に対応している治療も広がっているため、実際に行われている方法を紹介します。

ビタミンCの服用

ビタミンCは、シミや肝斑の色素が薄くなるように働きかけてくれます。トラネキサム酸と一緒に服用することで、更に効果が増すと言われています。

フォトシルクプラス

肝斑とシミが混在しているような状態でも、フォトシルクプラスが肌表皮から深層部までをカバーします。皮の薄い手の甲にも照射可能な安全性で、シミ予備軍にも効果があると言われています。他の光治療器に反応しなかった広い範囲の肝斑やシミに対する効果も期待できます。

メソアクティス

脂溶性成分や高分子量成分も、肌の深いところまで導入可能。皮膚の深さ6cm部分でも、約65%の導入効果というデータがあります。そのためビタミンC・トラネキサム酸・アルブチンなど、必要な成分を選んで浸透させます。

フォトフェイシャル

IPL治療器なら高出力も可能、顔全体に照射して治療します。ダウンタイムもほとんどなく、レーザー治療の効果に劣らないでしょう。出力が安定しているためリスクも少なく、冷却装置がついていることから火傷の心配もありません。

美容点滴

静脈に直接注入するため吸収率も高めです。免疫強化や疲労回復にも効果のあるビタミンC点滴は、メラニン生成の抑制に期待が持てるでしょう。血中のビタミンC濃度が高くなることで、コラーゲンの生成も後押しされます。

美容注射

レーザー治療と合わせて行うことで、体の内側からもケア。メラニンの排出を促進、細胞を活性化させます。特に肌のバリア機能を高めてくれる水光注射は韓国発祥、痛みや内出血の少ない治療として注目されています。

肝斑の予防方法

年齢とともにできるリスクが高まる肝斑ですが、しっかり予防策を練っていれば防ぐことも可能です。肝斑の予防方法について見ていきましょう。

紫外線対策

紫外線ダメージは肝斑の直接的な原因ではありませんが、肝斑を悪化させてしまう存在です。たとえ肝斑ができてしまっても、薄くて目立ちにくいものであればそんなに支障はありません。

ですがどんなに薄い肝斑でも、紫外線ダメージを受けるとメラニンが発生して黒く濃くなってしまいます。日焼け止めや日傘、帽子などを使って紫外線対策を徹底しましょう。

漢方薬を使う

漢方薬には、ホルモンバランスや自律神経のバランスを整える作用があります。そのため女性の更年期障害にも多く使われています。

漢方薬を使うと、肝斑のできるリスクを抑えることができます。ホルモンバランスを整えたり血流を良くしたりする「加味逍遥散(かみしょうようさん)」や「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」がポピュラーですね。

スキンケアを徹底する

日頃の保湿を徹底していると、肌のバリア機能がキープされ、肝斑をはじめとする様々な肌トラブルを防ぐことができます。

特に紫外線によるダメージを受けたとき、肌がうるおっているのとそうでないのとでは肌トラブルのリスクが断然違います。

洗顔やクレンジングで肌を清潔に保ち、化粧水やクリームなどの保湿でしっかり肌にうるおいを与えてください。

肝斑の治療におけるデメリット・副作用

肝斑治療にはいろいろな種類があり、自分の症状や予算などに合わせて選ぶことができますが、副作用のリスクもあることを念頭に置いておきましょう。

ここでは、各治療法のデメリットや副作用の情報をまとめてみました。

レーザートーニングによる副作用例は増加傾向にある

肝斑に対する治療法として有名な、Qスイッチレーザーを使用したレーザートーニング。改善報告が上がっている一方、副作用例もいくつか報告されています。

ある形成外科の院長による症例報告によると、レーザートーニングを受けた後、肝斑の症状が悪化したと訴える患者さんの数が2011年頃から増え始めているということです。[注1]

症状は患者によってまちまちですが、

  • もとからあった肝斑が濃くなる
  • 円形の白斑が多発する

などの症例が報告されています。

ただ、悪化したと訴える症例の中には老人性色素斑が濃くなっている例も見られたことから、誤って肝斑の治療を施された患者さんもいるようです。

これは肝斑と老人性色素斑を見極められず、誤った治療法を行ったクリニック側の責任が大きいと言えます。

正しい診断をした上で適切な治療法を選択してくれるクリニックを選ぶことも、副作用のリスクを回避する重要なポイントです。

トラネキサム酸による副作用のリスクは低いと言える

肝斑患者11名を対象とした臨床試験では、副作用は全く見られなかったという結果が出ています。

また、患者に対して1日750~1,500mgのトラネキサム酸を経口投与した結果「内服し始めてから1~2ヶ月後には色素沈着がかなり快方に向かった」との結果が出ています。

さらに4ヶ月~7ヵ月継続した後、肝斑がかなり薄くなったという例も確認されているのです。

その一方で、投与を中止したところ、1〜2ヵ月後には色素沈着が確認されたという例も見られています。[注2]

そのため、トラネキサム酸による肝斑治療の持続性に疑問を感じる声も上がっています。

美白外用剤では副作用例も見られるが重症例は少ない

ハイドロキノンやトレチノインなどの成分が含まれた美白外用剤は手軽に使えるところがメリットですが、臨床試験では副作用症例も報告されています。

まずハイドロキノンについては、4%濃度の美容液を肝斑患者に使用したところ、軽度~中等度改善以上が4割以上見られた反面、紅斑や接触皮膚炎、ざ瘡(にきび)などの副作用により中止した例も3.5%見られたそうです。[注3]

ただ重症例はなく、使用を中止したり適切な処置を行うことで回復しています。

一方、トレチノインについては口唇炎や角質層の落屑(らくせつ)などが見られることがありますが、こちらも軽症で継続性はないと判断されています。[注4]

外用剤は内服薬に比べて副作用を発症するリスクが低い傾向にあるため、比較的安全に治療できる方法と言えるでしょう。

肝斑治療に定評があるクリニック

肝斑治療 クリニック

年齢を重ねると肌に現れやすい肝斑。肝斑を東京で治療できるクリニックを紹介します。

フェミークリニック

美容大国の韓国やアメリカでも人気で、最新機器の「メドライトC6」というレーザーを使用。正常な皮膚をほとんど傷めることなく治療できます。

「メドライトC6」は均一に広範囲を照射できるので、肝斑だけではなく、毛穴の開きやくすみ、そばかすなどにも効果的。ダウンタイムや副作用が出ることはほとんどなく、施術後はメイクをして帰れます。

また、メドライトC6と合わせて、トラネキサム酸・ビタミンC ・イオン導入 ・ケミカルピーリング ・美白化粧品も対応可。

治療名 種類 料金(税込)
レーザートーニング(肝斑治療) 両頬 1回:37,800円
5回:162,000円 10回:270,000円
顔全体 1回:45,360円
5回:194,400円
10回:324,000円
診療時間 月~土11:00~20:00
日・祝11:00~19:00
休診日 年中無休
所在地 渋谷院 東京都渋谷区神南1-22-8
渋谷東日本ビル8F
アクセス JR線、東京メトロ各線渋谷駅から徒歩3分

四谷見附クリニック

Hoya ConBio社の医療用Qスイッチヤグレーザー「メドライトC6」で肝斑治療を行っています。

均一に照射できるトップハット型のレーザーなので、広い範囲の治療を一気に進めることが可能。ダウンタイムなく治療できるのが魅力です。施術の後は、再発予防に塗布薬や内服薬でアフターケアをしてもらえますよ。

ハイドロキノンやトレチノインなど、ビタミンAの誘導体や美白クリームによる治療にも対応しています。

治療名 種類 料金(税込)
レーザートーニング 両頬初回(治療1回) 10,584円
両頬(5回コース) 129,600円
全顔(5回コース) 216,000円
診療時間 月~金10:00~19:00
土 13:00~19:00
休診日 水曜日、日曜日、祝日
所在地 東京都新宿区若葉1-10-60 若葉ビル
アクセス JR中央線・総武線/東京メトロ四ッ谷駅より「赤坂口」をでて徒歩4分

新宿ビューティークリニック

新宿ビューティークリニックの肝斑治療は、レーザートーニングとルビートーニングで行っています。

レーザートーニングは長い波長で照射できる医療用レーザー機器を使用。皮膚の奥までレーザー光線が届くので、肝斑の症状改善だけではなくハリやキメ、シワなど改善にも効果があります。

ルビートーニングはレーザーを均一に照射できる為、炎症を起こしづらくメラニンを少しづつ壊していくことで着実に肝斑やシミ治療が可能です。

ルビートーニングに加え照射後に肌をクリーニングし、トラネキサム酸や高濃度ビタミンCなどのWイオンも導入しています。

治療名 種類 料金※税不明
レーザートーニング 顔全体(1回) 105,000円
頬のみ(1回) 52,500円
ルビートーニング 顔全体(1回) 52,500円
両頬の一部(1回) 42,000円
診療時間 月~金10:00~20:00
土・日・祝10:00~19:00
休診日 年中無休
所在地 東京都渋谷区代々木2-10-1 新宿サンセイビル6F
アクセス JR新宿駅「甲州街道改札」より徒歩1分
各線新宿駅「南口改札」より徒歩3分

品川スキンクリニック

「メドライトC6」を使用し、レーザートーニング治療を行っています。お肌に微弱なレーザーを当ててメラニンを徐々に改善するレーザートーニングは、施術を繰り返して受けることで美肌効果が期待できます。

シミや肝斑だけではなく、年齢を重ねるとでてくる肌の悩みに多い色素沈着や開いてしまった毛穴の治療も可能です。

治療名 種類 料金(税込)
レーザートーニング ホホのみ 初回お試し:3,024円
2回目以降:5,832円
顔全体 初回お試し:5,184円
2回目以降:9,180円
診療時間 10:00~20:00
休診日 年中無休
所在地 新宿院
新宿区新宿3-33-10 新宿モリエールビル7F
アクセス JR新宿駅南口より徒歩4分・中央東口より徒歩8分

湘南美容クリニック

「スペクトラ・ヘリオス」を使用した肝斑治療を行っています。2つの波長を使い治療するレーザー機器なので、施術による炎症での色素沈着が起こりにくいそうです。

他のレーザー機器に比べ熱によるダメージが少ないので、肝斑の原因であるメラノサイトを刺激することなく治療できます。毛穴の黒ずみやそばかす、シミ、くすみにも効果的です。

治療名 種類 料金(税込)
レーザートーニング ホホのみ 初回トライアル:2,800円
1回(2回目以降):5,400円
5回コース:26,000円
全顔 初回トライアル:7,500円
1回(2回目):8,600円
5回:41,000円
10回:79,750円
診療時間 10:00~19:00
休診日 年中無休
所在地 新宿本院
東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F
アクセス JR新宿駅西口徒歩10分
東京メトロ丸の内線西新宿駅直結
都営地下鉄大江戸線都庁前駅徒歩5分

南青山スキンケアクリニック

「Qスイッチヤグレーザー」より性能が上がった「スペクトラ」を使用しています。ロングパルスと2種類のショートパルスを搭載しているので、肌の奥まで均一にレーザーを届けることが可能。

ダウンタイムが少なく、治療後からメイクができます。お肌の幅広い悩みに対応できるので、肝斑やシミの治療だけではなく、ニキビ肌やキメ・ハリを失ったお肌の改善治療にも効果的です。

他にも、エレクトロポレーション・マッサージピール・ハイドロフェイシャルなどオプション多数。

治療名 種類 料金(税込)
肝斑 顔全体 1回:16,200円
5回セット:53,784円
顔(頬上部のみ) 1回:8,640円

自費治療での治療の場合、初回は初診料3,240円、次回から専門管理料として1,080円が必要

診療時間 月~金10:00~13:30/15:30~20:00
土10:00~13:00/14:00~19:00
日・祝 10:00~13:00/14:00~18:00
※受付は診療時間終了30分前まで
休診日 年中無休
所在地 東京都港区南青山5-14-7 アヴァン南青山B1
アクセス 東京メトロ(銀座線・千代田線・半蔵門線)表参道駅 B1出口より徒歩7分

秋葉原中央クリニック

秋葉原中央クリニックでは、お肌の状態を見てから治療法を決めます。代謝の衰えが原因なのか、血行の悪さなのかを専門医が適切に判断。

カウンセリングを行ったうえで、レーザー治療や内服薬・塗布薬の治療か決まるので、治療について不安がある方でも安心ですね。

治療名 種類 料金(税込)
シミ・肝斑治療 イオン導入クールビタミン トリートメント 1回:8,640円
イオン導入クールビタミン+ソノイオン トリートメント 1回:10,800円
シミレーザー治療 (ピコレーザー除去) 1mm×1mm:3,240円
ピコトーニング (ピコレーザー) ■顔
1回:21,600円
5回:81,000円
■両頬
1回:16,200円
5回:64,800円
トランサミン28日分 (内服) 3,240円
ハイドロキノンクリーム 2,160円
診療時間 9:30~19:00
休診日 年中無休
所在地 東京都千代田区神田佐久間町2丁目20番地 翔和秋葉原ビル2F
アクセス JR秋葉原駅徒歩3分
東京メトロ秋葉原駅徒歩1分

アイエスクリニック

レーザー開発20年以上の実績をもつジェイメック社「メドライトC6」を使い治療を行っています。1回の治療時間は15分程度。

痛みや赤みなどのダウンタイムがないので、治療後はお化粧をして帰宅することが可能です。肝斑やシミ治療はなるべく早い段階できちんと治療することが重要。1回の料金が照射回数に関係なく同じなのが嬉しいですね。

レーザートーニングに合わせて、LED治療やフォトフェイシャルM22もおススメ。

治療名 種類 料金(税込)
レーザートーニング 単体 8,424円
パックセット 10,584円
診療時間 11:00-21:00
※日曜のみ18:00まで
休診日
所在地 東京都新宿区西新宿6-2-18 SKビルA棟5F
アクセス JR新宿駅西口徒歩5分
丸の内線西新宿駅徒歩1分

みずほクリニック

サイノシュア社製「RevliteSI」を使い肝斑治療を行っています。日本の厚生労働省に相当するアメリカの食品医薬品局(FDA)公認の機器で、治療の効果はお墨付き。

肝斑治療だけではなく、シミ、そばかす、アザなどの年齢肌のお悩みにも対応可能です。お肌をワントーン明るくし色味を整えてくれるので、肌のくすみに悩んでいる人にもおすすめです。

治療名 種類 料金(税込)
レーザートーニング 両頬 14,040円~
診療時間 平日:10:00~19:00
※完全予約制
休診日 木・日
所在地 東京都豊島区池袋2-2-1ウイックスビル601
アクセス JR池袋駅西口C6出口直結

ルーチェ東京美容クリニック

ルーチェ東京美容クリニックの肝斑治療は、厚生労働省に承認されているピコレーザー「エンライトン3」という機械を使い治療を行っています。

トーニングと比べ、効果の実感が早く、照射出力を上げても、ほぼ痛みや赤みが出ることはありません。

施術時間はだいたい10~15分程度で、メイクも洗顔も当日から行えます。

ピコトーニング以外には、レーザートーニングトやエクセルVに対応。

治療名 種類 料金(税込)
ピコトーニング 全顔 1回:64,584円
6回:321,840円
12回:581,040円
診療時間 10:00~19:00
休診日 不定休
所在地 東京都豊島区西池袋3-26-5 ニューマツモトビル8F
アクセス JR・東京メトロ池袋駅西口 より徒歩3分

この記事の参考サイト・文献

その他のシミの症状もチェックする

 
ページの先頭へ