顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

肝斑

左右対称にできるシミ肝斑ができる原因や、症状の特徴をリサーチしてみました。美白剤、サプリ、アクシダームなど各治療法の内容も解説。

肝斑の主な原因と症状について

シミの中で老人性色素斑の次に多いと言われているのが肝斑(かんぱん)です。

左右対称に地図のような形でシミができるので、割と見分けやすいと言えます。とくに日本人の場合、この肝斑ができやすく肌が浅黒い人ほどできやすいそうです。

肝斑の特徴

  • 原因…紫外線、女性ホルモンの乱れ
  • 症状の特徴…額、頬、目の周辺などに左右対称にできる、皮膚との境界線がハッキリせず色は薄い、表面に盛り上がりがない

紫外線だけでなく、女性ホルモンの乱れによってもできるのが大きな特徴。ピルの服用や妊娠などをきっかけに、肝斑がでる人も多いそうです。

そして一度出来てしまったものは、ホルモンバランスが改善されても自然と消えることはないようです。

レーザー治療は原則NG!肝斑治療には美白剤やサプリが効果的

肝斑治療ではハイドロキノン化粧品が中心。もうひとつ、肝斑ならではの特徴が治療法。通常のシミとは違い、レーザー治療は色を濃くしてしまう可能性があるため、基本的にNGです。

そのかわりに、美白剤、サプリメント、ピーリングなどで対処するクリニックが多くあります。よく見かけるものだと、ハイドロキノン化粧品やビタミン剤などがそのひとつ。

クリニックの方針によって湿布なのか、内服薬なのか、その方法は異なります。ですが、いずれも継続的に治療を受ける必要があるみたいですね。

レーザー治療のように即効性は期待できないので、普段から紫外線対策、ビタミン補給をしておくのが大切とのことです。

肝斑アクシダームという新しい治療法も!

そんな中、最近では一部のクリニックで、肝斑に効くという最新治療を受けることが可能です。

アクシダーム」と呼ばれるこの治療法は、ハイドロキノンなどの美白成分を直接お肌の奥に浸透させることができるというもの。

超音波では不可能な分子の大きい成分を導入できたり、浸透力もはるかに高いそうですよ。興味がある方はこちらもチェックしてみると良いかなと思います。

シミ消しレーザー治療におすすめ!美容外科口コミ評判ランキング >>

ページの先頭へ