顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

顔シミの種類&セルフチェック

顔シミの代表的な4つの症状をピックアップして、それぞれの原因や最適な治療法などを調べてみました。自分のタイプがわかる、セルフチェック表も掲載中。

顔のシミはなぜできる?

気づくとできているシミ。その原因は何なのでしょうか?原因さえ分かっていれば予防法について考えることにもつながりますよね。ここでは顔にシミができる原因として挙げられることについてご紹介します。

紫外線

顔にシミができる最も大きな原因として挙げられるのが紫外線の問題です。シミのほとんどは「日光黒子(にっこうこくし)」と呼ばれる紫外線が原因のシミになります。

紫外線といえば夏場に強く降り注ぐのを想像する方が多いですが、春の終わりごろから徐々に量が増えていくので注意しておきたいですね。

紫外線を浴びた肌は刺激を受けるため、体はその刺激から大切な肌を守るためにメラニン色素を作り出します。その時に作られたメラニン色素がうまく排出されずに残ってしまうとシミとなって現れるのです。

雀卵斑(じゃくらんはん)

そばかすと呼ばれるタイプのシミです。一つひとつ直径数ミリ以下と非常に小さいのですが、頬や鼻の周りに集中してできてしまうため目立ちます。こちらは遺伝の要因が大きく、特に思春期頃に目立つようになるのが特徴です。

炎症後色素沈着

ニキビができたり、火傷や化粧品によるかぶれが発生するとその部位に炎症が起きることがありますが、それが治った際に発生するシミです。紫外線が原因でできるタイプのシミに比べて時間が経過すると徐々に薄くなる可能性も高いのですが、炎症がひどくなった場合には消えずに残ってしまうこともあります。

大きな原因は肌が炎症を起こした際に作られるメラニン色素にあるため、炎症を起こさないことが重要です。

肝斑(かんぱん)

女性ホルモンのバランスが変化することが原因で発生するシミです。色は薄く、頬骨に沿って左右対称にできるのが特徴で、紫外線を浴びると濃くなります

メラニン色素とターンオーバーの乱れが原因

シミといえば、正常な肌よりも色が濃い状態ですよね。これはメラニン色素と呼ばれるものが残った状態です。

すなわち,シミの病変部では色素細胞のメラニン産生が過剰となっている.また,表皮細胞のターンオーバーも低下して,メラニン色素が表皮基底部に沈殿してしまうことも原因の一つである.

出典:『皮膚科医が考えるアンチエイジング』 須賀康 https://www.jstage.jst.go.jp/article/pjmj/52/3/52_429/_pdf

肌には表皮細胞であるケラチノサイトや色素細胞であるメラノサイトなどによって形成されている表皮と呼ばれる層があります。その厚さは0.1~0.3mmと非常に薄いのですが、肌が紫外線を浴びたり何らかの刺激を受けると色素細胞のメラノサイトに信号が送られ、メラニンと呼ばれる色素をつくりだすのです。メラニンは紫外線や刺激から肌の中の細胞核を守る重要な役割を持っています。

そのため、紫外線や刺激がなくなれば役目を終えて剥がれ落ちなければなりません。通常、メラニンが作られて肌が黒くなってもターンオバーと呼ばれる肌の新陳代謝機能によってしばらくすればメラニン色素が排出されるのですが、ターンオーバーが乱れているとメラニン色素が排出されずに残ってしまいます

これがシミとなって肌に残ってしまうわけです。

メラニン色素は紫外線を浴びた時だけでなく、肌が炎症を起こした時や摩擦などの刺激を受けた時にも作られるため、紫外線にだけ注意していればシミを防げるわけではありません。肌にとって負担になることがあるとメラニン色素が排出されてしまうため注意しておきましょう。

ターンオーバーについて

ターンオーバーとは、古い皮膚を肌の表面に押し上げ、角質に変化させる働きのことです。角質に変化した古い皮膚はアカとして剥がれ落ちます。このような働きによって肌は常に新しいものに生まれ変わっているのです。

正常な肌のターンオーバーは28日サイクルと呼ばれているので、仮にメラニンが過剰分泌されたとしてもターンオーバーがしっかり働いていれば1か月ほどで元の肌色に戻るわけですね。

しかし、非常にたくさんの紫外線を浴びたり、肌が大きな炎症を起こした場合などには通常のターンオーバーでは排出できないほどのメラニンが作られてしまい、シミとなって残ってしまうことがあります。

シミの大きな原因はメラニンにあるので、まずはできるだけメラニンを増やさない対策について考えてみましょう。特に重要なのが紫外線対策です。

また、人によってはそれほどメラニンが作られたわけではないのにシミになってしまう方もいます。その大きな原因はターンオーバーの乱れにあるのです。本来であれば28日周期で新しい肌に生まれ変わるところが周期が乱れていてそれよりも長い周期でのターンオーバーになっていたり、機能が弱まっている方もいるので注意しておきたいですね。

ターンオーバーはストレスや睡眠不足、間違ったスキンケアなど様々な理由によって乱れてしまいます。加齢も大きな原因の1つです。若い頃に比べると傷の治りが遅くなった…と感じる方もいるかもしれませんが、これも加齢によってターンオーバーの周期が長くなってしまったことが原因として挙げられるでしょう。

加齢によって肌の乾燥が進むとただでさえ肌の状態が悪化しやすくなるので、シミ対策のためには肌年齢に合わせた適切なスキンケアを取り入れていくことが重要です。

治療前にチェック!あなたの顔シミはどのタイプ?

顔シミをレーザーで治療!一口に顔シミと言っても、その種類はさまざまと言われています。どのシミも同じ方法で治療ができるわけではないので、自分がどの症状にあたるのかを知ることが大切。

簡単なセルフチェックも作ってみたので、まずは自分のタイプを探してみてくださいね。 

老人性色素斑タイプ

額から頬骨のあたりにかけてシミがある。

形状は丸く大きくて、表面に盛り上がりがない。

年齢を重ねてから症状が出た。

若いときに日焼けをしていた、紫外線ケアを怠っていたことがある。

そばかすタイプ

頬や鼻のまわりを中心に散らばったように小さな斑点がある。

子供のころからできている。

家族や親戚に同じ症状の人がいる。 

肝斑タイプ

額、頬、目の周辺などに左右対称のシミがある。

境界線がもやもやしていて色は薄い。

30〜40代になって症状が出た。

妊娠、ピル服用などのあとにシミができた。 

脂漏性角化症タイプ

表面がざらついた、いぼ状に盛り上がったシミがある。

年々シミが大きくなっている。

かゆみを伴うことがある。 

クリニックで診断してもらうのが一番ですが、治療前に知っておくと自分に合う病院が選びやすいかなと思います。各ページでは、さらにくわしく原因や治療法について紹介しているので、ぜひご覧くださいね。

シミ消しレーザー治療におすすめ!美容外科口コミ評判ランキング >>

ページの先頭へ