顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

顔シミの種類&セルフチェック

顔シミの代表的な4つの症状をピックアップして、それぞれの原因や最適な治療法などを調べてみました。自分のタイプがわかる、セルフチェック表も掲載中。

治療前にチェック!あなたの顔シミはどのタイプ?

顔シミをレーザーで治療!一口に顔シミと言っても、その種類はさまざまと言われています。どのシミも同じ方法で治療ができるわけではないので、自分がどの症状にあたるのかを知ることが大切。

簡単なセルフチェックも作ってみたので、まずは自分のタイプを探してみてくださいね。 

老人性色素斑タイプ

額から頬骨のあたりにかけてシミがある。

形状は丸く大きくて、表面に盛り上がりがない。

年齢を重ねてから症状が出た。

若いときに日焼けをしていた、紫外線ケアを怠っていたことがある。

そばかすタイプ

頬や鼻のまわりを中心に散らばったように小さな斑点がある。

子供のころからできている。

家族や親戚に同じ症状の人がいる。 

肝斑タイプ

額、頬、目の周辺などに左右対称のシミがある。

境界線がもやもやしていて色は薄い。

30〜40代になって症状が出た。

妊娠、ピル服用などのあとにシミができた。 

脂漏性角化症タイプ

表面がざらついた、いぼ状に盛り上がったシミがある。

年々シミが大きくなっている。

かゆみを伴うことがある。 

クリニックで診断してもらうのが一番ですが、治療前に知っておくと自分に合う病院が選びやすいかなと思います。各ページでは、さらにくわしく原因や治療法について紹介しているので、ぜひご覧くださいね。

シミ消しレーザー治療におすすめ!美容外科口コミ評判ランキング >>

ページの先頭へ