顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

20代のシミ事情

20代のお肌の悩みのひとつ、シミの種類と治療方法を紹介しています。いま始めるべきお肌の手入れ方法などもまとめているので、参考にしてみて下さい。

20代でできるシミの種類を調査

「鏡を見ると肌にシミのようなものができていた。若いし、放っておいたら治るはず」と、安易に考えていたら、なかなか治らず不安…。

そんな悩みを持った女性にチェックして欲しい、20代のお肌にできるシミの種類を紹介します。シミの原因を知ることで、しっかりとした対策が可能になります。

老人性色素斑

老人性色素斑(ろうじんせいしきそはん)は、30代から40代の女性に多く見られる薄茶色~茶色のシミを指します。

…と聞くと、20代の女性には関係ないように思いますが、老人性色素斑の原因は紫外線。日頃から紫外線を多く浴びている人は若くても、できる可能性が高くなります。

さらに、老人性色素斑は20代の頃にはならなくても、30代になってから出てくる可能性が高まるシミです。20代の間に肌へ紫外線によるダメージが蓄積され、数年後に突然でてくることも…。

20代のうちから気をつけなければいけないシミのひとつだといえるでしょう。

老人性色素斑のメカニズムと症状

老人性色素斑は、顔や頬、首回りなど、普段、太陽の光にさらされている場所に多くできます。大きさは数センチほどの丸に近いシミです。お肌は紫外線によるダメージを受けると、刺激を受けた細胞が過剰なメラニンを作りだします。肌の色素沈着を起こした部分は茶色のシミになり、皮膚の表面に浮かび上がってくるのです。

しかし、本来なら肌のターンオーバーによって、シミとして残ることはありません。加齢によって肌の代謝が落ちてきてしまうと、肌に茶色のシミとして残ってしまうのです。

そばかす

そばかすは、1mm~4mm程度の茶褐色の色素斑(しきそはん)のことです。顔や手、デコルテ周辺など、紫外線が当たる部分にできやすく、症状はシミ(老人性色素斑)と似ていますが違うものです。シミのできる原因が紫外線であるのに対して、そばかすは遺伝的要因が強い点で区別されます。また、医学的には「雀卵斑(じゃくらんはん)」といわれており、点在する様子がスズメの卵の表面様に似ていることからそのように呼ばれています。

そばかすの原因と症状

そばかすの原因は、2種類あるとされています。ひとつは、遺伝によるものです。紫外線に弱い遺伝子を持っている人は、そばかすになりやすいのです。遺伝が原因のそばかすは、思春期をピークにして徐々に消えていく傾向があるようです。

遺伝によるものなので、スキンケアによって防ぐことが難しいという特徴もあります。

紫外線が原因で出来るそばかすもあります。紫外線によるダメージを受け続けることになるので、遺伝が原因のそばかすとは違い、だんだん濃くなっていくという特徴もあります。

もともとあった遺伝によるそばかすが紫外線のダメージを受け続けることにより濃くなることもあるので、注意が必要です。

肝斑

肝斑は、頬骨のあたりや、おでこ、口周りに「左右対称」でできる、薄褐色など様々な色のある斑点のことです。

一般的なシミとは異なり、左右対称にほほやおでこ、口周りなどの限定された場所に出来るものなので、シミと区別されます。

しかし、肝斑とシミは同時にできてしまうこともあるため、区別が難しいという特徴も。それぞれ原因が異なるため、肝斑に対してシミ治療であるレーザー治療を行ってしまうと悪化させてしまうこともあります。

もし、肝斑の疑いが少しでもある場合は、専門的知識を持った医師の診断を受けることをおすすめします。

肝斑の原因は女性ホルモン

肝斑はシミに似ていますが、紫外線が原因ではなく、女性ホルモンの乱れが原因になって引き起こされます。そのため「ストレスが多い環境にいる」または「ピルなどを服用している」といった女性は、ホルモンのバランスが乱れやすく、肝斑ができやすいのです。

妊娠・出産などで女性ホルモンのバランスが変化することによっても起こります。

肝斑はシミとは原因が異なるため、治療が難しいのも特徴のひとつです。区別がしづらいので、どちらか分からないという方は、一度クリニックで相談することをおすすめします。

花弁状色素斑

花弁状色素斑とは、紫外線によって引き起こされる、肩から背中、二の腕などに出来てしまう花びら状に広がって見えるシミのこと。シミの大きさは3mm~1cm程度で、20代から30代の人がなりやすいのが特徴です。

若いうちはお肌の代謝で自然に消えることが多いので、充分な睡眠や毎日のスキンケアで肌のターンオーバーを促進させることができれば、解消することができるでしょう。

花弁状色素斑の原因とは

肌が日焼けなどで強いダメージを受け、炎症を起こすことで現れます。花弁状色素斑になるということは、肌が強いダメージを受けている状態。肌の再生機能が追いつかずに、シミになっているのです。

肌がもともと白い人や日焼け後に赤くなる人にも多く見られる症状なので、該当する方は要注意。反対に、日焼けした後に肌が黒くなる人には起こりにくいという特徴もあります。

20代からはじめるべきシミの予防方法

「まだ若いから」と油断していると、あっという間にシミやそばかすだらけのお肌になってしまいます。早ければ早く始めるほうが良いのは、シミに限らずお肌ケアの鉄則です。

ここでは、シミのない美しいお肌を保つために気を付けたいことを紹介していきます。

紫外線対策を行うこと

シミの原因となるのは、紫外線です。紫外線によるダメージは蓄積されてしまうため、今はシミやそばかすなどが気にならない人でも、しっかりした紫外線対策を行うことが大切です。

紫外線対策には、日焼け止めを塗ったり、UV効果のある化粧品を使うと良いでしょう。その他にも、紫外線カットの効果が期待できるポリエステル素材のシャツや、色の濃いシャツなどを身につけるのも有効です。

日頃から肌のケアをしっかりと行いましょう

毎日のスキンケアをしっかりと行うことが、シミなどの肌トラブルを避ける一番の対策だといえるです。まだ若いからと日焼け止めを塗らずにいると紫外線のダメージが蓄積してしまい、数年後に肌トラブルを起こしてしまう可能性が高まります。若いうちは、肌の再生速度も速いので気にならないかもしれませんが、何年かたった後に肌へ蓄積したダメージが表面化してしまうことにもつながります。早めのスキンケアが将来のツルツルお肌を保つ秘訣になるかもしれません。

シミやそばかすの本当の原因知っておくこと

いくらスキンケアや紫外線対策をしっかりやっていたとしても、お肌にシミやそばかすができてしまうことがあります。20代にできたそばかすの原因が紫外線によるものではなく、遺伝的要因が大きい場合、そばかすに対してシミの対策をしてしまうと逆に悪化させてしまうことがあります。そのため、自分の肌トラブルの原因をきちんと知っておくことが大切。20代の時にひどい肌トラブルを起こしてしまうと、この先も美肌とは程遠い状態で過ごすことになってしまいます。そうならないためには、肌トラブルの本当の原因を知っておくことが大切だといえるでしょう。

20代で引き起こされるシミの治療方法

20代でシミやそばかすといった肌トラブルに悩まされてしまう人には、「もともと肌が白く日焼けすると炎症を起こしやすい」などの体質的な要素が多くあるようです。

特に20代でのシミ・そばかすは、遺伝的要素も大きいため適切な治療を行うことが大切です。とはいえ、シミの種類を正確に見分けるのは大変。専門知識を持った医師の診断のもと、適切な治療を受けることをおすすめします。

レーザー治療

レーザー治療のメリットは、1回で効果が実感できることです。

光治療は、何度か繰り返し施術を行わなければ効果を実感できないことがほとんど。その点、レーザー治療は、色の濃いシミにも即効性が期待できます。

高い効果が実感できる分、肌への負担が大きいなどのデメリットもあるので、しっかりとしたクリニック選びが大切と言えるでしょう。

Qスイッチルビーレーザー

シミ・そばかす、ホクロ除去などに適しているレーザー治療。シミの原因となるメラニン色素の分解に最も高い効果を発揮します。

入れ墨を除去することにも使用されることから、その効果の高さがうかがえます。

Qスイッチヤグレーザー

20代でできるシミの原因は体質的な要因が大きく、原因の異なるシミや肝斑がお肌の同じ部分にできてしまうこともあります。

Qスイッチヤグレーザーは、そんな複合的な要因でできてしまったシミやそばかすなど、幅広い肌トラブルに対応しているレーザー治療です。一般的にレーザー治療が効かないと言われていた肝斑にも効果が期待できる治療法です。

光治療

光治療は、シミ・そばかすをはじめとしたメラニン色素に直接働きかける効果のある光治療。お肌全体に特殊な光を照射することで、肌のターンオーバーを促進し、シミやそばかすに働きかけます。お肌への負担が少ない・肌のハリを取り戻す、というメリットもあります。

代表的な機種は「フォトシルクプラス」や「ライムライト」など。

フォトシルクプラス

フォトシルクプラスは、シミやニキビ跡の改善、肌のハリ・小じわの改善が期待できる光治療方法です。シミの原因となるメラニン色素の分解を行うことから、シミ・肌のくすみや肝斑などにも効果があります。

コラーゲンの生成を促す効果もあるので、肌の若返り効果もあります。アンチエイジングとしても人気の治療法です。

ライムライト

ライムライトは、光治療の中でも日本人向けに開発された機械。日本人の肌に合わせて調整された特殊な光が、シミの原因であるメラニン色素にしっかり届くため、シミやそばかす改善の効果を実感しやすい治療です。

20代の女性のシミ治療の口コミを調査

納得のいく治療を受けられました
頬の肝斑かシミなのか分からないものがあったので、レーザー治療を受けて消したいと思っていました。そこで、口コミの評価が高かったクリニックのカウンセリングを受けることに。カウンセリングでは、素人の私でも分かるように説明してくれたので、納得して治療に臨むことができました。

コンプレックスだったシミがなくなりました
学生の頃は、あまりスキンケアなどは気にしていませんでしたが、20代に入り、メイクやスキンケアに気を配るようになると、肌のシミが気になり始めました。クリニックでフォトシルクを受けた後から、徐々にシミも薄くなりはじめて、毎日を楽しく過ごせるようになりました。今では、本当に施術を受けて良かったと思っています。

クリニックでシミ・そばかす治療を受けました
シミやそばかす、ホクロ跡の悩みを解消したいとクリニックでのレーザー治療とフォトフェイシャルを選びました。施術前のカウンセリングでの説明は親切丁寧。アフターフォローもバッチリでした。施術後2週間程度で完全にシミやそばかすがキレイに消えました。こんなにキレイになるなら、もっと早くやっておけば良かったです。

美肌効果も期待できるかも♪
前からシミやそばかすが気になっていて、フォトRFという施術を知り、受けてみようと思いました。かかった時間は40分程度。少しピリッとした感じがありましたが、あまり気になりませんでした。施術を受けた後は、お肌が明るくなったような気がします。施術を受けた後は、気になる症状もなく、快適に過ごすことができました。

 
ページの先頭へ