顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

30代のシミ事情

30代で気を付けるべき肌トラブルの種類や代表的な肌トラブルであるシミ対策、シミ治療などについて紹介しています。

30代に多いシミと肌の悩み

20代でどんなにピチピチの肌だった人にも等しくやってくるのが、お肌の曲がり角です。30代で気を付けるべきシミや肌の悩みをまとめてみました。

老人性色素斑

長年浴び続けてきた紫外線の影響で肌にメラニン色素が沈着し、シミになります。ホルモンバランスの乱れでもシミができるので注意が必要です。

肝斑

紫外線ではなく、ホルモンバランスの乱れによってでき、顔の左右対称に広がっていきます。目の周りには表れず、頬骨に沿って広がるのが特徴です。30代から表れ始め、60歳以降になると症状が軽くなる方もいます。

そばかす

鼻を中心に広がるシミの仲間です。大きさは3~5mm程度。遺伝的な原因でできる方が多く再発しやすいといわれています。幼少期から思春期にかけて濃くなり、大人になると消える人が大半ですが、30代になってもそばかすが消えない方もいるそうです。

シミ以外にも?30代に多い肌の悩み

くすみ

ハリがなかったり透明感・ツヤがなかったりする肌のことです。新陳代謝の乱れや皮膚の血行不良、乾燥などが原因で、肌がくすむと疲れて見えるようになります。

シワ・たるみ

肌の真皮と呼ばれる場所にあるコラーゲンが減少し、皮膚が変性してしまうのがシワやたるみの原因です。皮膚の変性は紫外線を受けても起きる場合があります。

毛穴 の広がり

シワやたるみと同様に、真皮のコラーゲンが減少したり紫外線を浴びたりすると皮膚が変性し、毛穴が開いてしまう原因になります。毛穴が開いてしまうと、開いた部分に皮脂が溜まって酸化し、やがて黒ずみに変化。それが肌全体を暗く見せている原因にもなります。

30代の肌の注意点とは?

30代の肌の悩みは、長年浴びてきた紫外線による影響のほかに、美肌を保つのに不可欠なコラーゲンやエラスチンなどの減少が関わっています。20代半ばから減少を始めるこれらの成分をできるだけ肌にとどめておけるようにスキンケアを続けましょう。

30代からのシミの原因って?

30代でできるシミは紫外線以外にもさまざまな原因が絡んできます。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスは、早い人だと30代前半から乱れてくるといわれています。

女性ホルモンは「卵胞ホルモン」と「黄体ホルモン」の2種類です。この2つのバランスが崩れると、肌や体にさまざまな不調が表れます。その不調の一つとして表れるのがシミなのです。

体内の活性酸素の増加

活性酸素が体内で増えるとシミができるといわれています。

呼吸をするとき、体に取りこまれた酸素の一部が体内で変化したものが活性酸素です。活性酸素は肌や体の不調の原因になるのですが、体内にある「抗酸化酵素」によって抑制することができます。

しかし、抗酸化酵素は30代に入るとだんだん減少傾向になり、40代に入ると急激に減少してしまうのです。抑制しきれなくなった活性酸素は体の中に蓄積され、シミを増やす原因となります。

また、メラニンを作るタイミングを乱したりコラーゲンの生成を邪魔したりするので、新陳代謝もうまくいきません。シミだけでなくシワを増加させることにつながってしまうのです。

偏った食生活

無理な食事制限や偏食を続けていると、栄養バランスが崩れて肌の新陳代謝が滞ってしまいます。30代は、ダイエットをしても10代や20代のころのようにストンと体重が落ちてくれません。だからといって、食事を抜いたり同じものばかり食べたりする生活を続けてしまうと、肌の新陳代謝が落ちてしまい、シミの原因となるメラニン色素を排出できなくなります。日々の食生活を見直さないと、シミの原因を取り除くことはできません。

乾燥による肌の水分不足

30代の肌は、水分量が減少して乾燥してしまうのが特徴です。

乾燥は、シミの原因の一つ。20代であれば、肌自身が持つ水分のおかげで乾燥することはありませんでしたが、30代になるとそうはいきません。

保湿がしっかりできていないと乾燥が進み、古い角質がたまりやすい肌になってしまいます。そうなると、肌の新陳代謝がどんどん悪くなってしまい、結果としてシミができやすい肌になってしまうのです。

30代からのシミ対策

30代のシミは、紫外線を防ぐといった外からの対策だけではなく、体の中からの対策も必要。

30代からのシミ対策は、具体的にどのようなことを行えばよいのでしょうか?

紫外線対策を行う

紫外線対策は肌ケアの基本中の基本。紫外線の影響が出るのは3~5年後といわれています。しかも紫外線は夏だけでなく、1年を通して肌に降り注いでくるもの。降り注いでいる紫外線がシミにならないように日々対策を取らなければなりません。

外出をする際は、日焼け止めを塗るといった対策を行いましょう。日焼け止めは美白成分がプラスされているものが効果的です。

化粧品でスキンケア

シミを改善する効果があるとして、美白化粧品が多く販売されています。しかし、選び方を間違えると効果がないどころか、逆にシミが広がってしまう可能性もあるんです。

シミの元になるメラニンの生成を抑えたいのに、肌の新陳代謝を促す成分だけが入った化粧品を使うと、シミは薄くなりますが範囲は広がってしまうことがあります。そうならないためにも、目的に合った化粧品を選ばなければなりません。

美白化粧品を選ぶ際には、シミを予防する成分と、すでにできているシミを薄くする成分のどちらが入っているかを確認しましょう。

美白化粧品の多くは「プラセンタエキス」や「アルブチン」などの、シミを予防する成分しか配合されていません。できてしまったシミを薄くするには、「ハイドロキノン」や「リノール酸」といった、シミを薄くする成分が入った美白化粧品を使用しましょう。できれば、どちらの成分も含んだ化粧品が良いですね。

乾燥も新陳代謝を衰えさせ、シミに繋がる原因になります。美白化粧品を選ぶ際は、シミと乾燥を同時に防ぐ化粧品がおすすめです。

食事でシミ対策

普段の食事に気を付けるだけでもシミ対策ができます。シミ対策に一番効果を発揮するのがビタミンCを含んだ食べ物です。シミの原因となる活性酸素を除去するうえに、メラニンの生成を抑える働きも期待できます。ビタミンCを多く含む食べ物はレモン・キャベツ・サツマイモ・レンコンなど、野菜が多め。摂りすぎても余分な量は体の外に排出されるだけなので、どんどん摂っても心配することはありません。

シミ対策にはビタミンB2も効果的です。ビタミンB2は、新陳代謝を活発にするために欠かせない栄養素。レバーや納豆、大豆などに含まれています。

ビタミンCもビタミンB2も、含まれている食材は普段の食事に摂り入れやすいものばかりです。意識して摂り入れて、体の中からシミ対策を行いましょう。

腸内環境を整える

肌と腸内環境は関係ないように見えますが、実は深いつながりがあります。腸内にもホルモンがあり、そのバランスが崩れると肌に影響を及ぼすのです。また、腸自体が不調の場合にも肌に影響が出やすくなります。乳酸菌が含まれる食事を多く摂り、腸内環境を整えましょう。

肌のマッサージで新陳代謝を活発に

年齢を重ねるにつれ、肌の新陳代謝は衰えていきます。肌の質感も20代と30代でだいぶ変わってきますから、マッサージをして新陳代謝をうながさなければいけません。簡単なものでもよいので、セルフマッサージで新陳代謝をアップさせてください。これだけでもシミ対策に繋がりますよ。

ストレスを解消してシミ対策

強いストレスは、ホルモンバランスの乱れを引き起こしてしまいます。そうなる前に、こまめにストレスを解消しましょう。

とはいっても、何がストレスに繋がるのかは人それぞれ。少しでも疲れを感じたり、体の調子が悪く感じたりしたら、ストレスから解放される時間を作りましょう。好きなことに打ち込む時間ができるだけでも、かなりストレスが軽減されるはずです。

ストレスによってできたシミもメラニンの過剰生成によるものです。そのため、外からの治療法としては、通常のシミと同じような治療法でかまいません。内側からの対策としては、ストレス解消とともに食事や生活リズムの乱れを整えることを意識してください。

30代のシミに効果的な治療法とは?

化粧品や生活環境の改善で対策出来ることもありますが、できてしまったシミはクリニックでの治療がもっとも効果的です。

ここでは、美容皮膚科などで受けられるシミ治療について紹介しています。

レーザー治療

シミが気になる部分にレーザーを照射してシミを消す治療法です。

レーザー治療は、メラニンの過剰な生成が原因で生まれたシミに効果を発揮します。メラニンが生成されてできるシミは、老人性色素斑・脂漏性角化症・そばかすなどがあります。

肝斑もメラニンの生成によってできるシミの仲間ですが、できるまでの原因に違いがあります。レーザー治療を行うと、かえってシミの色を濃くしてしまう可能性があるので注意しましょう。

シミがどのようにできたのかをクリニックで確認してもらってからレーザー治療を行うと安全にシミを治療できます。

東京でシミ取りレーザーがおすすめのクリニックはこちら>>

光治療

顔全体に光を照射して、シミをはじめとする肌トラブルを解消する治療法です。フォトフェイシャル・IPL治療という名前で治療を行っているクリニックもあります。

レーザーとの大きな違いは、照射される範囲です。レーザーはメラニンが生成されている場所にピンポイント照射する治療法で、大きく広がったシミの対処には向いていません。対して光治療は広がったシミ全体に照射できます。

レーザーよりも柔らかい強さの光で照射するので、ダウンタイムもほとんどありません。

薬物療法

美白成分のある薬を皮膚に塗ってシミを改善する治療法です。主にレーザーでは対応できないシミに対して薬物療法が行われます。

使用されるのはハイドロキノン・トレチノイン・トラネキサム酸といった、美白成分の入った薬です。市販薬に配合されている成分もありますが、成分の配合率はクリニックで処方されている薬よりも低めで、即効性が期待できません。

薬を使っての治療は、配合率が高く、即効性が期待できるクリニックの薬を使いましょう。

ケミカルピーリング

肌の古くなった角質をはがして新陳代謝を促し、徐々にシミを薄くしていく治療法です。

酸性の薬剤を塗って古い角質をはがすのですが、使用するのはグリコール酸・乳酸・リンゴ酸など、自然界に存在するものばかり。人工的な薬剤はほとんど使われません。酸の強弱に違いがあるので、肌のタイプや症状に合わせて使用する濃度を調節することができます。

ピーリングを行ったあとの肌は、水分の浸透率がアップ。新陳代謝が活発になるだけでなく、保湿力も高まります。

シミ治療を受けた方の口コミ

ずっと気になっていたシミを取りたかったので、クリニックで取ってもらうことにしました。受けたのはレーザー治療です。治療中は輪ゴムで弾かれているような痛みを感じましたが、気にならない程度でした。治療を受けてから1週間経ったころ、急にシミがポロっと皮膚から落ちてきてびっくり!こんな風に取れるなんて思いもしなかったです。再発もなく順調なので、またシミができたら治療をお願いしようと思っていますよ。

レーザー治療でシミを取ってもらいました。治療中に痛みは感じなかったものの、パチパチという音や焼けてる匂いで「レーザーで焼いているんだ」というのを実感。治療を受けてから1週間ほど経ったころ、貼り付けていた絆創膏と一緒に黒いものが貼りついているのを発見しました。化粧で隠しきれないくらい黒くなり始めていたシミが落ちて、気持ちがスッキリしました。

顔全体にシミやくすみが広がっていたので、フォトフェイシャルの治療を受けることにしました。目の周りは少しだけ痛かったけど、そのほかはほとんど痛みなし。治療で光を当ててもらった場所は少しだけ盛り上がったあとにかさぶたになり、そのままポロリと取れてしまいました。目立つシミが2つも取れたからか、肌が明るくなったように感じています。心なしかハリも出てきたかも。まだかさぶたのままのものがあるので、早く取れるのを楽しみにしています。

 
ページの先頭へ