顔のシミを消すレーザー治療ガイド

悩ましい顔シミを取って明るい肌を取り戻そう!

年齢別で見るシミのレーザー治療

ここでは、20~50代までの年齢ごとにシミの種類・症状・原因やおすすめの治療法を紹介しています。

年代別のシミに合ったレーザー治療をチェック

シミは年代によって種類や症状、原因が変わります。

ここでは、年代別に詳しくまとめました。原因が違うと対策や治療法も違ってきます。年代ごとにおすすめの治療法を紹介していますので、チェックして自分に合った治療法を見つけてください。

20代でできるシミ

若いからといって侮れないのが、シミというもの。20代でもシミはできてしまいます。

その原因は日光による紫外線。若くしてシミやそばかすだらけのお肌では、メイクやファッションを存分に楽しめないですよね。

そこで、ここではシミの種類や症状、原因を紹介しています。一口にシミと言ってもいくつか種類があって、代表的なのが老人性色素斑です。名前から20代には関係なさそうですが、紫外線を浴びすぎると20代でうっすら現れてきます。

他にもそばかす肝斑、花弁状色素斑についても紹介していますので、ぜひチェックしておきましょう。シミのない美しいお肌を守るために、予防法もまとめました。また、なってしまったときに行うべきシミ治療の方法もリサーチしています。ぜひ参考にしてください。

20代のシミ治療に関する口コミも載せていますので、同じ悩みを持った方がどういう対策をしているのかチェックしてみましょう。

20代にできるシミと対策・治療法について詳しくチェック>>

30代でできるシミ

20代ではキレイだったお肌も、30代になるとシミやそばかす、くすみなどの肌トラブルを抱える可能性があります。ここでは、30代に多いお肌の悩みについてまとめています。

特に、シミは紫外線対策を行うだけでは解決できません。ホルモンの乱れや偏った食生活など様々な原因があります。それらの原因に対する対策法も紹介していますので、ぜひ役立ててください。

「シミ対策だけではうまくいかなかった」方のために、クリニックで行える治療法をまとめています。レーザー治療や光治療といった治療は、通常の対策よりも改善が期待できる方法です。実際にクリニックでシミ治療を受けた方の口コミも載せていますので、ぜひ参考にしてください。

30代にできるシミと対策・治療法について詳しくチェック>>

40代でできるシミ

40代は30代だったころよりも、シミができやすくなります。老人性色素斑をはじめ、肝斑やそばかす、炎症性色素沈着などのシミです。

そのまま放っておくと、どんどん増え続けることになるので、確実にシミをなくすための治療法として、レーザー治療・光治療・ケミカルピーリングを紹介しています。

治療の詳細やメリットだけでなく、ダウンタイムやデメリットについてもまとめました。例えば、レーザー治療は薄いシミから濃いシミまで少ない治療時間と回数で治療できるメリットがあります。しかし、ダウンタイムがあったり再発したりするといったデメリットもあるのです。

メリットやデメリットをしっかり比べておくことで、自分に合った効果的な治療が行えます。シミ治療を行った人の口コミもいくつかまとめていますので、ぜひ参考にしてください。

40代にできるシミと対策・治療法について詳しくチェック>>

50代でできるシミ

50代は加齢だけでなく、これまでの生活環境や更年期障害といった様々な要因が肌トラブルを招いています。

肌トラブルとして多く見られるのが、シミやしわ、たるみ、くすみです。なかでもシミは、老人性色素斑と肝斑が多く現れます。症状はハッキリ顔に出ますが、クリームや化粧品などの手軽なケアでは改善しにくいもの。そのため、確実に早くシミを改善できるレーザー治療や光治療をおすすめします。

どちらもクリニックで施術が可能。レーザー治療はシミの種類によってレーザーを使い分けるため、どんなシミでも取り除けます。

光治療は弱い光を広範囲に照射するので、肌の負担を抑えられるのがメリットです。自分に合う治療法を見つけるためにも、メリットやダウンタイムなどをしっかり確認しておきましょう。

また、50代のシミは様々なタイプのものが混在して残っている場合があります。確実にシミをなくすためには、複数のレーザー・光治療を受けることが大切です。

50代にできるシミと対策・治療法について詳しくチェック>>

 
ページの先頭へ